« トヨタのブレーキリコール問題、結局車には問題がないと認定されたようです | トップページ | 世界の笑いものどころか、世界の嫌われ者だったんじゃなかったっけ? »

2012/01/20

福島第一原子力発電所2号機の原子力格納容器の中に水は存在するのでしょうか?

水深4.5mの高さに水面があると想定していたのに、4mにもないとは…
溶けた核燃料・水面見えず…格納容器に内視鏡 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

溶けた核燃料・水面見えず…格納容器に内視鏡 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京電力は19日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉格納容器内に事故後初めて工業用内視鏡を入れ、撮影した。

 東電は容器の底に深さ約4・5メートルの水がたまっていると推定していたが、底から4メートルの位置にも水面は見えなかった。

 容器内は湿度が高く水滴が降っており、画像は不鮮明。強い放射線の影響で白い斑点が多数写っている。配管などの損傷は目立たないが、容器内壁の塗装がはがれ、事故で高温になった影響とみられるという。原子炉圧力容器から溶け落ちた核燃料は見えなかった。

 東電の松本純一・原子力立地本部長代理は「水の深さが予測と違った原因については、今後詳しく検討したい」と話している。

(2012年1月19日20時40分 読売新聞)


で、想定とは違っていたのでその誤差の分の水はどこに消えたのか?

( ´ー`)y―┛~~

これでよく収束とか言えたもんです。というか、撤回しないとだめでしょう。

NewsZERO?でも報道されていましたけど、これを受けて記者会見していた人が「線量が高いので何らかの対策をしていきたい」というようなことを言っていました。

一体、どれくらいの線量になっていると想定して今回の作業を開始したんでしょうか?そこが知りたい。水が想定以上になくなっていたから線量が高いということでしょうかねぇ。

( ´ー`)y―┛~~

想定外はもう聞き飽きてきましたね。最悪を想定しても4.5mはあったはずなんでしょうか?大丈夫なの?
 


↓わかってるくせに と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« トヨタのブレーキリコール問題、結局車には問題がないと認定されたようです | トップページ | 世界の笑いものどころか、世界の嫌われ者だったんじゃなかったっけ? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原子力発電所2号機の原子力格納容器の中に水は存在するのでしょうか?:

« トヨタのブレーキリコール問題、結局車には問題がないと認定されたようです | トップページ | 世界の笑いものどころか、世界の嫌われ者だったんじゃなかったっけ? »