« 北朝鮮の話なのに、ものすごい既視感に襲われてしまいました | トップページ | 新年初のたこ焼き »

2012/01/02

新年早々、素晴らしい言葉をありがとうございました!

やっぱ台湾最高だわ!
11年最高に幸福な出来事「日本への義援金が世界一」=台湾 2012/01/01(日) 11:22:50 [サーチナ]

11年最高に幸福な出来事「日本への義援金が世界一」=台湾 2012/01/01(日) 11:22:50 [サーチナ]

 台湾の華視新聞とYAHOO奇摩が共同で行った調査によると、2011年の最高に幸福な出来事の第1位が、東日本大震災に対する台湾からの義援金額が世界でもっとも多かったことだった。第2位は王健民選手がメジャーリーグで大復活を遂げたこと、第3位は映画Seediq Bale (セデックバレ)が海外で注目されたことだった。台湾の華視新聞が12月31日付で報じた。

■「【写真特集】東日本大震災」写真トピック

  日本の東日本大震災に対し、台湾人は大きな愛を示し、寄せられた義援金額も世界でもっとも多かった。記事では、台湾に感謝を伝えるため多くの日本人が台湾を訪れ、なかには海を泳いで感謝を伝えに来た人もいたことに言及。

  記事は「台湾人にとって2011年でもっとも幸福な出来事で1位になったのが、『台湾人の愛』であり、受けるよりも与える方が幸福ということで、この愛が台湾人を幸福にさせたのだ」とした。

  第2位が、台湾の光とも言われる背番号40を付けた王健民選手がメジャーリーグで再び見ることができたことで、420票を獲得した。野球ファンは昨年、メジャーリーグに彼が戻ってくるのを心待ちにしていたが、王健民選手はその期待を裏切ることはなかった。見捨てないことも一種の幸福であり、王健民の復活は台湾の野球ファンの自信をも復活させたと述べている。

  第3位は、台湾映画の復活で、374票を獲得。日本統治下で起きた霧社事件を描いた映画Seediq Bale (セデックバレ)が国際的に名を挙げた。この映画はすべてMADE IN TAIWANで、これが台湾の誇りであり、昨年の台湾の幸福な出来事だと結んでいる。(編集担当:及川源十郎)


受けるよりも与える方が幸福

なんという深い言葉をこともなげにおっしゃってくれるのでしょうか。

なんというか、後頭部を鈍器で殴られたような衝撃が心に…。正式な国交もない国だというのに…。

Photo

絶対、こうだよ。特亜は殲滅しましょう。
 


↓新年早々物騒だな と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 北朝鮮の話なのに、ものすごい既視感に襲われてしまいました | トップページ | 新年初のたこ焼き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年早々、素晴らしい言葉をありがとうございました!:

« 北朝鮮の話なのに、ものすごい既視感に襲われてしまいました | トップページ | 新年初のたこ焼き »