« ?年間のうたた寝が59時間? | トップページ | フランケンシュタインが入閣したから、お遊び内閣ではなくなったそうです »

2012/01/24

まだこの裁判やってたの?光市の母子殺害事件など、死刑で決まったと思っていましたが…

こういうのを時間の無駄っていうんじゃないでしょうかね?
朝日新聞デジタル:元少年側、死刑回避求める 光市母子殺害、最高裁弁論 - 社会

朝日新聞デジタル:元少年側、死刑回避求める 光市母子殺害、最高裁弁論 - 社会

 2012年1月23日22時3分

 山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で殺人と強姦(ごうかん)致死、窃盗の罪に問われた元少年(30)の差し戻し後の上告審で、最高裁第一小法廷(金築誠志裁判長)は23日、検察側、弁護側双方の主張を聞く弁論を開いた。弁護側は「元少年に殺意はなく、内省も深めている」として死刑を回避するよう求めた。判決は年度内にも言い渡される見通しだ。

 裁判では、少年法で死刑適用が認められる満18歳になった約1カ月後に事件を起こした元少年に死刑を適用することの是非が焦点となった。元少年は一、二審で無期懲役とされたが、最高裁が「犯行時の年齢や立ち直る可能性は死刑を避ける決定的事情とは言えない」と述べて審理を広島高裁に差し戻し、高裁が死刑を宣告した経緯がある。

 弁護側は弁論で、元少年が支援者を通じて毎月の命日に花を犯行現場に送り届けていることなどを挙げて「内省を深めており、立ち直りは可能だ」と強調。精神的に極めて未成熟な時期の犯行だったことにも配慮し、改めて審理を高裁に差し戻すべきだと主張した。


まぁ、この事件に関してはネットにいくらでも情報がありますのでいいとして、当ブログの記事をご紹介。

光市 - Google 検索

まー光市事件以外も上記ではヒットしていますけどね。

元少年が支援者を通じて毎月の命日に花を犯行現場に送り届けている

え?こんな手紙を逮捕後に友人に送っていたんでしょう?それで反省?

光市母子殺害事件の犯人の手紙をどんどん広めよう! - 死もまた社会奉仕な人々 - Yahoo!ブログ

光市母子殺害事件の犯人の手紙をどんどん広めよう! - 死もまた社会奉仕な人々 - Yahoo!ブログ

-- 前略 --

 以下の手紙の内容は控訴審で証拠採用されたもので、検察側が『不謹慎な内容で反省が見られない』として提出したものだ。
一応言っておくと、一審判決後(求刑死刑、判決無期懲役)友人に送った手紙の内容だ。
かなり不愉快であることを先に言っておくが、これこそ世間に広めるべき手紙であると私は思う。


『オイラは、一人の弁ちゃんで、最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。そして、勝って修行、出て頭を下げる。そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ』

『誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そんな人物はこの世にはいないのだ。神に成り代わりし、法廷の守護者達・・・裁判官、サツ、弁護士、検事達・・・。私を裁ける物は、この世にはおらず・・・。二人は帰ってこないのだから・・・。法廷に出てきてほしいものだ・・・何が神だろう・・・サタン!ミカエル!ベリアル!ガブリエル!ただの馬鹿の集まりよ!』

『知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

『犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっちゃった」、・・・これは罪でしょうか』

『五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』

『選ばれし人間は人類のため社会道徳を踏み外し、悪さをする権利がある』←『罪と罰』の引用らしいですがね

(死刑判決を免れて)『勝ったと言うべきか負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き・・・。イヤね、つい相手のことを考えてしまってね・・・昔から傷をつけては逃げ勝っている・・・。まあ兎に角だ。二週間後に検事のほうが控訴しなければ終わるよ。長かったな・・・友と別れ、また出会い、またわかれ・・・(中略)心はブルー、外見はハッピー、しかも今はロン毛もハゲチャビン!マジよ!』

(被害者の夫、本村氏について週刊誌の実名報道を踏まえて)『ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。・・・でも記事にして、ちーとでも、気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし』

-- 後略 --


例のドラエもんの話といい、この手紙といい、鬼畜の表現がぴったりですね。

そう考えると鬼畜を一瞬の苦痛で殺してしまう絞首刑というものは優しい刑だなとも感じてしまいます。生きていたくなくなるほどの苦痛。これがふさわしいのではないか?

死刑存続についての国民的議論など起ころうはずもないのです。

人を殺せば原則死刑。一人でも。小学校までは無期懲役かな。
 


↓内省だけなら鬼畜でも出来る と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ?年間のうたた寝が59時間? | トップページ | フランケンシュタインが入閣したから、お遊び内閣ではなくなったそうです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだこの裁判やってたの?光市の母子殺害事件など、死刑で決まったと思っていましたが…:

« ?年間のうたた寝が59時間? | トップページ | フランケンシュタインが入閣したから、お遊び内閣ではなくなったそうです »