« 月額980円でパケホーダイってのは | トップページ | ボールペンの次はコピーマシンで消えるインクらしいです »

2011/12/19

杉内投手にとっては、苦渋の選択というものではなかったようですね

こんなことを言われたという事なら、出たいのは理解できます
杉内が巨人入り「感情が元に戻らなかった」 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

杉内が巨人入り「感情が元に戻らなかった」 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

 2011.12.19 19:10

 プロ野球ソフトバンクからフリーエージェント(FA)宣言した杉内俊哉投手(31)の巨人移籍が19日、決まった。福岡市内の球団事務所でソフトバンクに退団の意思を伝えた後、東京都内のホテルで巨人の原沢敦球団代表に入団のあいさつをし「悩みに悩んだが、今はすっきりしている」と話した。

 杉内はソフトバンクの査定制度への不満などを理由に国内FA権を行使。巨人は年俸固定制の4年契約と背番号18を提示し、ソフトバンクも残留を求めていた。移籍の決断について、杉内は「心も体も削って投げられるのは、どちらのチームかと考えた」と話した。23日に正式に契約し、入団発表する見通し。

 杉内は2002年にダイエー(現ソフトバンク)に入団し、05年に最優秀選手と沢村賞に輝くなど球界屈指の左腕として活躍してきた。通算成績は225試合で103勝55敗、防御率2・92。

 巨人は横浜(現DeNA)からFA宣言した村田修一内野手、今季ソフトバンクでパ・リーグ最多勝を獲得したD・J・ホールトン投手に続く大型補強に成功した。ソフトバンクはFA権を行使して米大リーグのオリオールズに移籍した和田毅投手、マリナーズ移籍を目指す川崎宗則内野手らに続く主力の流出となった。(共同)

杉内俊哉投手

「生涯ホークスと言ってきたが、昨年のちょっとしたことがきっかけで心境の変化があった。昨年の契約更改で“FAを取っても必要とする球団はない”というようなことを言われた。感情の部分がどうしても元に戻らなかった」

杉内の代理人、酒井辰馬弁護士

「(巨人が)18番という提示をしていただいたのも光栄な話ですし、球団を挙げて必要としているんだという気持ちはホークスと差を感じるしかなかった」

ソフトバンク・笠井和彦オーナー代行

「慰留に全力を尽くしたが、引き留められず残念。その上での「男の決断」は重いものであるし、日本を代表する投手として今後も頑張ってほしい」


びっくりするのがこの部分ですね。

昨年の契約更改で“FAを取っても必要とする球団はない”というようなことを言われた

もし、本当に球団側がこんなことを言ったとすれば、それは杉内投手を全く評価していないということになりますから、年俸の問題ではないでしょう。不要だと言われたに等しいですからね。

人は誰しも必要とされる場所で働きたいと思うものでしょうから。

しかも、本人は

心も体も削って投げられるのは、どちらのチームか

という基準でどちらかを考えたのですから、これはG側が18番を用意するとかどうとかいう話ではなかったようですね。

ということで、ホールトンと杉内が加入してくれました。このオフの補強は筋書き通りというところですので、来シーズンは是非CSくらいは勝ち抜いて欲しいところです。
 


↓ファン>選手>球団 ではないのか? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 月額980円でパケホーダイってのは | トップページ | ボールペンの次はコピーマシンで消えるインクらしいです »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉内投手にとっては、苦渋の選択というものではなかったようですね:

« 月額980円でパケホーダイってのは | トップページ | ボールペンの次はコピーマシンで消えるインクらしいです »