« 寒風吹きすさぶ冬になりそうな予感 | トップページ | 神奈川県立生命の星地球博物館 »

2011/11/10

ここまで正直な人が犯罪を犯すのか?

バカ正直ということでしょうか?
誤って釈放の男、別の署に「本当にいいのか?」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

誤って釈放の男、別の署に「本当にいいのか?」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 大阪府警富田林署総務課の40歳代の警部補が、窃盗罪での起訴に伴い勾留されていた塗装工の男(22)を、誤って釈放していたことがわかった。

 男は強盗傷害容疑で再逮捕されたが処分保留で釈放となり、警部補はその効力が窃盗罪での勾留にも及ぶと勘違いしたという。男が「本当に釈放でいいのか」と別の警察署を訪ね、発覚した。

 府警によると、男は8月以降、同府羽曳野市内で起きた2件のひったくり事件について窃盗罪で起訴され、富田林署に勾留されていた。10月17日、強盗傷害容疑で再逮捕されたが、今月7日に処分保留となった。

 警部補は、同容疑についての釈放指揮書が大阪地検堺支部から届いたため、同日中に男を釈放した。ところが、男が翌8日、羽曳野署の捜査本部を訪れ、「このままでいいのか」と相談したという。

 府警の調査に対し、警部補は「強盗傷害の釈放指揮書なので、より罪の軽い窃盗の釈放も含まれていると思い込んだ」と説明。釈放の決裁を事前に口頭で受けた副署長らも、勘違いに気付かなかったという。

 府警は10日、男を別のひったくり容疑で再逮捕した。府警留置管理課は「指導を徹底し、再発防止に努めたい」としている。

(2011年11月10日22時49分 読売新聞)


いや、これは本当に正直な人ですね。私ならそんな疑問も浮かばず、「釈放♪」ってな感じで喜ぶだけでしょう。そういうことを気づくのも偉いし、それから捜査本部に相談に行くというのはもっと偉いですよね。

逆に、この警部補や副署長はどうしたもんでしょうか。

指導を徹底し、再発防止に努めたい

いや、一から出なおしたほうがいいのではないでしょうか。そうすれば昇格試験に合格しないと今の立場までこれないんですからね。
 


↓立ち直ってくれると信じたい と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 寒風吹きすさぶ冬になりそうな予感 | トップページ | 神奈川県立生命の星地球博物館 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/53214363

この記事へのトラックバック一覧です: ここまで正直な人が犯罪を犯すのか?:

« 寒風吹きすさぶ冬になりそうな予感 | トップページ | 神奈川県立生命の星地球博物館 »