« 警官が暴走族とはいえ、生卵をぶつけようとするとかわけわからん | トップページ | こういうのは翻訳精度が課題ですよね »

2011/11/04

厳冬到来、世間では暖冬のようですがそんなに甘くはない

当然ですよね。負けたんだし。
巨人、坂本筆頭に成績ダウン…“厳冬”必至 - 野球 - SANSPO.COM

巨人、坂本筆頭に成績ダウン…“厳冬”必至 - 野球 - SANSPO.COM

 2011.11.4 05:00

 巨人・坂本勇人内野手(22)ら野手陣が“厳冬更改”の危機に直面していることが3日、わかった。球団との契約更改交渉は間もなく始まるが、統一球導入の影響で成績の下がった打者たちにとっては、厳しい冬となりそうだ。

 本格的な冬を前に「年俸が上がる選手はそう多くはないと思いますよ」と球団関係者が早くも“厳冬予告”をした。首位打者の長野はともかく、ダウン候補の筆頭は坂本だ。昨季までの4シーズンで年俸は右肩上がりに上昇。今季は1億2000万円だったが、打率・262、16本塁打、59打点と3部門すべてで昨季を下回り、アップ材料が見あたらない。

 坂本以外にも、春先の故障で不本意な数字しか残せなかった阿部や、今季で契約の切れる高橋由もダウンは避けられそうもない。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで敗退した巨人に、例年以上に冷たい木枯らしが吹き荒れる。 (阿見俊輔)

(紙面から)


上がるとすれば、長野様、内海、フランケン、藤村、くらいかな。

坂本は1億円を切るくらいでしょうね。ネ申は下がるのは可哀想なくらいの重圧を背負っていたと思いますが…。

基本給と成績に応じた変動部分と、そういう報酬体系ってないんでしょうかね。いい成績が続けば基本給が上がっていくとか。

( ´ー`)y―┛~~

なんか、サラリーマンみたい…。夢が無いか…。
 


↓いや、いいんじゃね? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 警官が暴走族とはいえ、生卵をぶつけようとするとかわけわからん | トップページ | こういうのは翻訳精度が課題ですよね »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬到来、世間では暖冬のようですがそんなに甘くはない:

« 警官が暴走族とはいえ、生卵をぶつけようとするとかわけわからん | トップページ | こういうのは翻訳精度が課題ですよね »