« 現代版慰安婦ってことなのね? | トップページ | この国の現状ではこのくらいの型がちょうどいいのでは? »

2011/10/07

普段なら勝ちに等しい引き分けではあるんだけど…

これは負けですね
Yomiuri Giants Official Web Site: 10月7日 対中 日19回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 10月7日 対中 日19回戦・ナゴヤドーム

天王山初戦は執念のドロー

 首位・中日ドラゴンズとの天王山。巨人・内海、中日・吉見という最多勝を争うエース同士の対決となったが、内海は一回に3失点。一方、打線は吉見の前に八回までわずか2安打に抑え込まれていたが、九回に阿部、高橋由の適時二塁打で同点に追いついた。延長十回までもつれた激戦は、最後まで両者譲らず、規定により引き分けとなった。

 一回表、坂本が三塁線を破る二塁打で出塁。しかし、脇谷の二塁ゴロを井端が好判断で三塁に送球し、二塁走者・坂本がタッチアウト。その後、一死一、二塁までチャンスを広げるも、先制点は奪えなかった。

 その裏、内海は先頭の荒木にヒットを許すと、犠打と四球で一死一、二塁のピンチを招く。続くブランコには右翼前に運ばれ、一死満塁に。内海は続く谷繁を三塁ゴロに打ち取るも、その間に荒木が生還し、先制を許した。さらに和田にも2点適時打を浴び、初回にいきなり3失点を喫した。

 内海は二回裏も先頭・大島にヒットを許す。その後何とか二死までこぎつけるも、ヒットと死球で再び満塁としてしまう。しかし、ここはブランコを空振り三振に抑え、追加点は与えない。

 三回以降は両エースが調子を取り戻し、両チームともなかなか走者を出すことができない展開が続いた。

 再び試合が動いたのは五回裏。一死から内海がブランコに特大のソロを浴び、4点差とされてしまう。

 六回裏からは福田が2番手として登板。一死から吉見に四球を与えるも、荒木を併殺打に仕留め、味方の反撃を待つ。

 しかし、完全に立ち直った吉見の前に、巨人打線は三回以降、一人の走者も出すことができない。

 九回表、先頭の坂本がこの試合2本目のヒットを放つと、長野は四球を選び、打席には4番・阿部。阿部は中堅へ2点適時二塁打を放ち、ここまで完全に抑えられていた吉見をマウンドから引きずりおろした。さらに2番手の浅尾から一死一、三塁のチャンスをつくると、高橋由が右中間へ同点の適時二塁打。このまま一気に勝ち越したい巨人だったが、古城、藤村が空振り三振に倒れた。

 九回裏のマウンドには守護神の久保。一死から井端にヒットを許すと森野には四球を与える苦しい立ち上がり。しかし、代打・堂上剛を空振り三振、谷繁を右翼フライに抑え、延長戦に突入した。

 十回表、荒木の失策で坂本が出塁。しかし後続が倒れ、勝ち越すことはできなかった。

 その裏、先頭の英智の打球を藤村がエラー。バントで送られ、大島を敬遠して一死一、二塁となる。一打サヨナラのピンチとなったが、代打・中田亮を遊撃併殺打に仕留め、試合終了。絶対絶命のところから価値ある引き分けに持ち込んだ。


確かに9回の攻撃は見事でした。しかし、そもそも今日の吉見は調子が良くないように見えましたけどね。それでもなんやかんやで抑えるのがエースなのかも知れません。
 


↓そ、そんだけ? と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 現代版慰安婦ってことなのね? | トップページ | この国の現状ではこのくらいの型がちょうどいいのでは? »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普段なら勝ちに等しい引き分けではあるんだけど…:

« 現代版慰安婦ってことなのね? | トップページ | この国の現状ではこのくらいの型がちょうどいいのでは? »