« おは♪ | トップページ | いろんな見方ができる国士舘大学の学園祭 »

2011/10/30

CSファイナルステージに黄信号!いつもの貧打病か、はたまたヤクルト投手陣の好投か?

好投だと思いたいですが、そうするとこのまま敗退っていう線も出てきますからね…
Yomiuri Giants Official Web Site: 10月29日 対ヤクルト1回戦・神 宮

Yomiuri Giants Official Web Site: 10月29日 対ヤクルト1回戦・神 宮

逆転負けでCSファーストステージ初戦を落とす

 逆転日本一を目指して臨んだ東京ヤクルトスワローズとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ初戦。四回に高橋由のタイムリーヒットで1点を先制するも、5回に同点に追いつかれ、六回にはリリーフ陣が2点を失ってしまう。最終回に代打の大村のソロホームランで1点を返すが、2対3で敗れ、ファイナルステージ進出には1敗も許されない状況となった。

 初回、二死から長野が中堅へのヒットで出塁すると、続く阿部の打席で二盗を決める。阿部は四球を選び二死一、二塁としたが、ラミレスが投ゴロに倒れ先制はならなかった。

 CS初戦先発の大役を任されたルーキーの澤村は素晴らしい立ち上がりを見せる。初回に2つの三振を奪って三者凡退に打ち取ると、二回にもバレンティンから三振を奪い、3人で封じた。

 相手先発の館山を打ちあぐねていた打線だったが四回、一死からラミレスが内野安打で出塁すると小笠原もヒットで続く。ラミレスの好走塁で、一死一、三塁とチャンスを迎えると、高橋由が初球を右翼へと弾き返しラミレスが生還。巨人が1点を先制した。

 五回、先頭の坂本が左翼フェンス直撃の二塁打を放つが、寺内の送りバントの失敗もあり、無死二塁の好機を生かすことができなかった。その裏、澤村は二死から森岡、相川の連打で二死一、二塁とされると、代打の藤本にタイムリーヒットを浴び、試合は振り出しに。

 六回からは2番手の高木がマウンドへ。しかし、一死から田中に内野安打を許すと、続く青木の打球を小笠原がファンブルし一死一、二塁となる。ここでベンチは西村へとスイッチ。代わった西村は畠山に四球を与えると、宮本には中堅に犠牲フライを運ばれ勝ち越しを許した。さらにバレンティンにもタイムリーヒットを浴び、1対3とリードを2点に広げられてしまう。

 なんとか反撃したい打線だが2番手の村中の前に七回、八回と三者凡退に倒れ反撃の糸口をつかめない。

 八回からは、東野が登板し、3人できっちり打ち取った。そして迎えた最終回、二死から代打の大村がソロホームランを放ち、1点を返すが反撃もここまで、ヤクルトに王手をかけられ、ファイナルステージ進出に黄信号が灯った。


再三のチャンスにあと一本。シーズン中にも何度も見た場面ですが…。

特に5回の攻撃は…。寺内…。そのために出てきているのに、それを失敗しているようでは…。ランナーは坂本ですから遅くもないんだし…。

かたやヤクルトは犠牲フライにタイムリーときっちり追加点をあげる…。両方共投手としては討ち取っているんですが…。バレンティンにタイムリーを浴びることは想定外でしたね。三振確定のバッターだけに…。

( ´ー`)y―┛~~

ガッツ、大丈夫でしょうか?怪我が心配ですね。この試合も2安打ですから、打撃は状態上がってきているだけに、ここで怪我で欠場となれば…。
 


↓愚痴の記事はやめれ! と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« おは♪ | トップページ | いろんな見方ができる国士舘大学の学園祭 »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CSファイナルステージに黄信号!いつもの貧打病か、はたまたヤクルト投手陣の好投か?:

« おは♪ | トップページ | いろんな見方ができる国士舘大学の学園祭 »