« イミョンバク大統領にこれは…、アメリカンジョークってことなのか? | トップページ | 金メダル獲ったのに村八分にされる選手って、金ヨナ選手しかいないのではないか? »

2011/10/25

4K2KのTVを誰が買ってくれるというのでしょう?

それとなにを観ればいいというのでしょう?
テレビ大不況「4K」は業界を救うか - ITmedia ニュース

テレビ大不況「4K」は業界を救うか - ITmedia ニュース

 2011年10月24日 11時59分 UPDATE

「祭りは終わった」状態のテレビ業界。需要の長期低迷は避けられず、国内メーカーは「4K」テレビに期待をかける。

 テレビが売れない。7月の地上デジタル放送への完全移行に伴う一斉買い替えで需要の長期低迷は避けられない。韓国メーカーとの競争でも劣勢に立たされ、生産の撤退や縮小の方針を固めたメーカーも出てきた。各社は「付加価値」の高い新製品を投入し、需要を喚起しようと躍起だ。なかでもフルハイビジョン(HD)の4倍の画像解像度を持つ「4K」テレビに“救世主”の期待を託している。

「祭りは終わった」

 家電量販店のテレビ売り場では、店員が手持ちぶさたで客を待っていた。整理券を配るほどだった7月の喧噪が嘘のようだ。

 「お客さまが少ないので、製品の特長を丁寧に説明できますが……」と、ある店員。祭りは終わった。

 調査会社BCNによると、主要量販店の薄型テレビ販売台数は、8月が前年同月比38%減と5カ月ぶりにマイナスに転落し、9月は52%減と、平成16年の集計開始以来最大の落ち込みとなった。価格下落も激しく、9月の平均単価は29%安の5万2900円にまで落ち込んだ。

 地デジ対応テレビへの買い替え特需で、昨年の国内出荷台数は前年比84%増の2519万台と過去最高を記録。今年も1~7月で32%増の1407万台と売りまくった。それだけに反動減も大きく、「来年は年1千万台を割り込む」(アナリスト)との悲観的な見方が広がる。

 「新しい提案や価値創造をしていかないと、ビジネスとしてきつくなる」

 国内トップのシャープの中村恒夫執行役員は、危機感を露にする。

賞味期限切れ

 だが、昨年各社が相次いで発売した立体映像が楽しめる3D(3次元)テレビは、早くも賞味期限切れだ。BCNによると、3Dテレビ(40型)の平均単価は昨年5月が26万7900円だったが、今年9月は13万300円と、半値以下に暴落している。

 ネットワーク機能を強化し、独自のコンテンツを配信できる「スマートテレビ」のほか、ディスプレーの薄さやデザイン性を前面に出した新商品を売り出しているが、「需要喚起のインパクトは小さい」(業界関係者)のが実情だ。

 八方塞がりのなか、今月8日まで千葉市で開かれたアジア最大級の家電見本市「CEATEC(シーテック)JAPAN」。各社は「高画質化」という原点に回帰した。

 「やっぱりテレビは画質。だれが見てもきれいな映像を追及する」

 12月中旬に発売する55型の4Kテレビを出展した東芝の担当者は胸を張った。市場想定価格は90万円だ。

 4Kは横4千前後×縦2千画素前後と、現行のフルハイビジョン(1920×1080画素)の4倍の解像度を誇る。

 同社の大角正明上席常務は「そこまで(高精細な映像が)必要かという声があるのは事実だが、夢を実現したい」と話す。

 シャープもシーテックで試作品を公開し、来年度半ばの製品化を目指している。ソニーは12月下旬に世界初の家庭用4Kプロジェクターを発売。テレビも「検討していく」(平井一夫副社長)と意欲的だ。

相次ぐ撤退・縮小

 ただ、普及には課題が山積している。4K対応のコンテンツは現時点で、映画やインターネット用動画のごく一部に限られ、テレビ放送用の映像はない。

 メーカー側は「市場拡大には放送業者やネット業者との連携が必須」(大手首脳)とするが、テレビ局はやっと地デジ化を完了させたばかりで、4K化に取り組む余力はない。

 究極の高画質テレビの普及には、コンテンツの充実が欠かせない。米ディスプレイサーチの鳥居寿一アナリストは「長い目で見る必要がある」と指摘する。

 だが、家電各社に復旧を待っている時間はない。国内の過剰プレーヤーに加え、韓国メーカーとの激しい競争で、新製品は店頭に並んだそばから値下げされる。ソニーのテレビ事業は今期で8年連続、パナソニックも4年連続の赤字となる見通しだ。

 「テレビ事業を継続する意味が見いだせない」。メーカー幹部からは悲痛な声が漏れる。

 すでに日立製作所はテレビの自社生産から撤退する検討を進め、パナソニックも、工場売却や人員削減による大幅縮小の方針を固めたことが明らかになった。消費者の購買意欲を刺激する起爆剤が見つけられないままでは、「看板商品」であるテレビ事業の淘汰が加速するのは必至だ。(古川有希)


観たいテレビって本当にないんですよねぇ。しかも、90万円?も出して買ってまで観ようというようなものが。そりゃー、趣味で基地外のようにAVに凝っていれば別ですけど、そこまで凝っている&お金がある人ってなかなかいないでしょうし。

ニュースやバラエティをそんなに高精細で観てもしようがないし。スポーツもそれほど高画質は必要ないし、音楽番組も然り。

ということは本当に綺麗な映像が売りになるものってことになりますから、映画とかドキュメンタリーの自然とか、芸術関連でしょうかねぇ。


そんな番組、あんまりないしなぁ

( ´ー`)y―┛~~

しかし、記事中にもあるシャープの8K4KのTVをシーテックで見ましたけど、これは本当に驚きの画質でした。3Dでもないのに立体に見えましたからね。あまりにも綺麗すぎて脳みそが騙されたとしか思えません。まぁ、そういうものが一般市民でも買えるようになった頃には私は生きていないのでしょうねw
 


↓いや、金持ちになって買うっていう手がw と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« イミョンバク大統領にこれは…、アメリカンジョークってことなのか? | トップページ | 金メダル獲ったのに村八分にされる選手って、金ヨナ選手しかいないのではないか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4K2KのTVを誰が買ってくれるというのでしょう?:

« イミョンバク大統領にこれは…、アメリカンジョークってことなのか? | トップページ | 金メダル獲ったのに村八分にされる選手って、金ヨナ選手しかいないのではないか? »