« 日本代表、北朝鮮に1-0で勝利 | トップページ | 天王山三連戦、まずは二連敗で勝ち越しがなくなる♪ »

2011/09/03

天王山三連戦、まずは黒星発進♪

なんということでしょう…、これでこのカードでの首位奪還はできなくなってしまいました♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 9月2日 対ヤクルト21回戦・神 宮

Yomiuri Giants Official Web Site: 9月2日 対ヤクルト21回戦・神 宮

ラミレス先制弾も、痛恨の逆転負け

 2ゲーム差で迎えた首位・東京ヤクルトスワローズとの首位攻防戦の初戦。二回にラミレスの2ランで先制するも、先発の澤村がリードを守りきれず、五回に試合をひっくり返される。何とか反撃したいところだったが、頼みの打線は中盤以降、完全に沈黙。逆転負けを喫した。

 初回、先頭の藤村が四球で出塁。長野の内野ゴロ、高橋由の四球で二死一、二塁とするも、坂本は空振り三振に倒れる。

 二回、阿部が左翼線へ二塁打を放つと、続くラミレスの第15号2ランホームランが飛び出し、待望の先制点を奪う。

 序盤で援護点をもらった澤村だったが、三回に四球と味方の失策で一、二塁のピンチを迎えると、田中にタイムリーヒットを打たれ1点を返される。

 五回にも二死二塁とされると、青木にタイムリー三塁打を打たれ、同点に追いつかれる。何とか踏ん張りたい澤村だったが、続く田中にはこの日2本目のタイムリーヒットを浴び、逆転を許す。

 反撃に出たい巨人打線だが、相手先発・村中の前に五回から八回までを三者凡退に抑えられる。

 八回には、ここまで抜群の安定感を誇っていた野間口が畠山にタイムリー二塁打を打たれ、2対4とリードを広げられる。

 最終回、四番の高橋由から始まる打順だったが、快音は聞かれず。結局五回以降、一人の走者も出せないまま逆転負けを喫し、首位攻防戦の大事な初戦を落とした。


結局五回以降、一人の走者も出せないまま逆転負けを喫し

これではなんとも出来ませんね。ほんと、澤村の時には点が入りません。もしかしていじめじゃないですよね?

( ´ー`)y―┛~~

村中は完投勝利ですか。三勝目ですので、もしかして全部Gからの勝利では?ほかのチームには通用しないけど、Gにだけは通用する投手ってなんでしょう?攻め方あるいは変化球がG打者にだけは通用するってことになりますが、そういうのって対策しないものなんでしょうかね。
 


↓対策してもそれだけで打てるとは限らないが…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 日本代表、北朝鮮に1-0で勝利 | トップページ | 天王山三連戦、まずは二連敗で勝ち越しがなくなる♪ »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天王山三連戦、まずは黒星発進♪:

« 日本代表、北朝鮮に1-0で勝利 | トップページ | 天王山三連戦、まずは二連敗で勝ち越しがなくなる♪ »