« ここまで矛盾しているコメントは久し振りに聞きましたけど、これでも詐欺師の中ではましな方なんでしょうか? | トップページ | ガラパゴスは絶海の孤島で絶滅したようです »

2011/09/15

福島できのこ狩り禁止?

何かの本で、きのこ類は放射能物質をよく吸収するから危険、ということを読んだ記憶があります。たしか、数学者の藤原氏の本だったかと…
【放射能漏れ】会津地方除く福島県内の野生キノコ出荷停止 「キノコ狩り」不可能に - MSN産経ニュース

【放射能漏れ】会津地方除く福島県内の野生キノコ出荷停止 「キノコ狩り」不可能に - MSN産経ニュース

 2011.9.15 18:51

福島県の山林で採れた野生キノコから暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが相次いで検出されている問題で、政府は15日、県内59市町村のうち会津地方の一部をのぞく43市町村で、すべての野生キノコを出荷停止にするよう県に指示した。

 まもなく「キノコ狩り」の本格シーズンを迎えることから、出荷停止となった市町村では、野生キノコを採らないよう、今後は林道入り口に看板を立てるなどして住民らに注意を促す。

 厚生労働省によると、これまでに基準値超えの野生キノコが見つかっているのは福島市▽白河市▽いわき市▽古殿町▽棚倉町▽川内村の6市町村。しかし、キノコは放射性物質を吸い上げやすく、野生キノコの出荷管理も難しいことから「対応が後手後手にならないよう」(厚労省)、基準値超えの野生キノコが見つかっていない地域も対象に出荷停止とした。

 当初、会津地方を含む県内全域で出荷停止の方針だったが、文部科学省の航空機モニタリングで、会津地方の地表面の放射性セシウムの数値がおおむね低いことが判明。会津地方17市町村のうち、1キロ当たり440ベクレルのチチタケが見つかるなどした猪苗代町を除く16市町村については出荷停止の対象外とした。

 猪苗代町は「この時期、山に入り、山の恵みをいただくというのは、ある意味で住民の『生活の一部』。猪苗代町では基準値超えの野生キノコは出ていないので出荷停止は残念」としている。


でもまぁ、大人が食べる分にはいいのかも。それが原因で死ぬか、寿命で死ぬか、微妙なところでしょうから。

露地栽培の野菜が危ないって言われているくらいですから、野生のものなど論外でしょう。

野生キノコの出荷管理も難しい

この出荷管理が難しいのはなにも野生のものに限ってのことではないでしょう。とにかく市場に出ているものは大丈夫という保証がない限り、やっぱり消費者としては躊躇してしまうのはしようがありません。県や市町村の農協?やもちろん政府もしっかりと責任をもって出荷してくれないと、いつまでたっても風評被害はなくなりませんよね。

購入して応援したいという気持ちは誰でもあると思いますが、それでも疑わしいものを買いたくないというのも真理です。
 


↓データを買う時に確認できないのかな?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ここまで矛盾しているコメントは久し振りに聞きましたけど、これでも詐欺師の中ではましな方なんでしょうか? | トップページ | ガラパゴスは絶海の孤島で絶滅したようです »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島できのこ狩り禁止?:

« ここまで矛盾しているコメントは久し振りに聞きましたけど、これでも詐欺師の中ではましな方なんでしょうか? | トップページ | ガラパゴスは絶海の孤島で絶滅したようです »