« 場当たりとしかいいようがない、原発再開への道 | トップページ | 史上最高のSF映画はなに? »

2011/07/10

なんという悲しい遺書でしょうか


「お墓に避難します」…南相馬の93歳女性自殺 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「お墓に避難します」…南相馬の93歳女性自殺 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 特集 福島原発

 東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で、緊急時避難準備区域に設定された福島県南相馬市内に住む93歳の女性が6月下旬、自宅の庭で自殺していたことが9日、女性の親戚らへの取材でわかった。

 遺書には、「足手まといになる」「お墓に避難します」との趣旨が記されていた。

 親戚らによると、女性は、息子夫婦と孫2人の5人暮らし。足が不自由だった。原発事故を受け、家族と離れ、同県相馬市の別の親戚宅に身を寄せたが、体調を崩し入院。退院後は自宅に戻った。亡くなる数日前には「今度はお墓に避難するんだ」と漏らしていたという。

 同区域では、原発の状況が悪化した場合にすぐに避難することが求められている。親戚は「事故が起きなければ、こんなことにはならなかった」と話した。

(2011年7月10日01時34分 読売新聞)


こういうことが起こらないように対応するのが自治体や政府のはずなんですか…。でも自治体も壊滅的な影響を受けましたから、ここは政府なんですかねぇ…。

お墓に避難します

足手まといにならないようにという気持ちがあったにしても、命ある人が「お墓の中が一番いい」と思うってのはよっぽどのことです。というか、死を決意するまで追い込まれてしまったということです。

赤十字の義援金もなかなか被災者の皆さんには渡されないようですし。2次補正も雀の涙のようなもんですし。自民党は3次補正で17兆円くらいのものを想定しているようです。これでも足りないくらいでしょう。復興予算なら特別な国債を発行すればいいだけなのでは?金が余っている銀行が消化してくれますよ。利率が低い特別なものであっても、このような特殊な状況なら銀行の株主も分かってくれるでしょう。

もう4ヶ月くらい経ちますよね…
何がなされたんだろうか?

|

« 場当たりとしかいいようがない、原発再開への道 | トップページ | 史上最高のSF映画はなに? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんという悲しい遺書でしょうか:

« 場当たりとしかいいようがない、原発再開への道 | トップページ | 史上最高のSF映画はなに? »