« ワンタッチの傘 | トップページ | なでしこ、世界最強美人集団襲名! »

2011/07/18

SOTO、Who?と思っていたら、いつもの初物病が発症したんですか?

左のサイドからあの速球とスライダーでは、なかなか打ちにくいとは思いますが
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月18日 対中 日7回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月18日 対中 日7回戦・東京ドーム

先制するも追加点が奪えず黒星

 中日ドラゴンズとの7回戦は、一回、高橋由の4号ソロホームランで1点を先制するも追加点が奪えず、1対7で黒星を喫した。

 一回、先発のグライシンガーが三者凡退に抑えると、その裏、高橋由は右翼にソロホームランを放ち、まずは巨人が先制した。

 しかし二回、グライシンガーは森野、和田に連続ヒットを浴び、井端に四球を与えて一死満塁となる。次の小山にも四球を与えてしまい、押し出しで1点を返された。続くソトの二塁ゴロでも1点を追加され、逆転を許してしまう。

 その裏、フィールズの打球を中日の守備陣が見失いヒット。二死二塁、続く藤村がヒットを中堅に運ぶ。その間にフィールズが本塁を狙ったがタッチアウトとなり1点差のまま。

 四回、先頭の井端に二塁打を浴び、小山の一塁線すれすれの打球がフェアとなり出塁されると、その後の小池らのタイムリーヒットなどで3点を許し、1対5と突き放された。

 六回、中日は河原が登板すると、二死から高橋由が右翼へのヒットで出塁し、チャンスを作ったが、小笠原が二塁ゴロとなり、なかなか追いつけない。

 五回、六回は越智が、七回、八回は金刃が無失点に抑え、九回の反撃への望みをつないだ。

 九回に登板したアルバラデホだが、ヒットと四球で無死満塁とピンチに。井端のタイムリーと野本の犠牲フライで2点を許し、6点差となり、1対7に。

 その裏、岩瀬に坂本、谷、小笠原と三者連続でフライに打ち取られ、試合終了。借金は8となった。


なんかこう、4回の3点は取られたという失点ではないようにも見えましたが、結果は当然3点取られていますのでねぇ。こういう攻撃をしないといけないんでしょうけど。

きっちりバラバラデショも登板して2失点、試合に華を添えています。

( ´ー`)y―┛~~

気になるのが長野の守備なんです。昨日も今日も、センター真正面のライナーやフライで、最初ゆっくり追い始めてその後ダッシュで結局頭を越されているというのがありました。真正面は難しいとは思いますが、フェンス上部直撃ではないのでうまく追っていれば取れているはず。

はずというのは卑怯な意見ですが、守備は元々いい選手だけに精進して欲しいですね。

( ´ー`)y―┛~~

バラバラデショはどうしてまだ一軍なの?最近の最大の謎ですな。
 


↓それはチームがバ(ryと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ワンタッチの傘 | トップページ | なでしこ、世界最強美人集団襲名! »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SOTO、Who?と思っていたら、いつもの初物病が発症したんですか?:

« ワンタッチの傘 | トップページ | なでしこ、世界最強美人集団襲名! »