« 一発屋芸人ってこういうのが怖いですよね | トップページ | あなた誰? »

2011/06/05

完敗とはこういう試合を言うのだった…

勝てる要素がない試合でした
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月5日 対日本ハム3回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月5日 対日本ハム3回戦・東京ドーム

藤村が2安打を放つも完封負け

 北海道日本ハムファイターズとの3回戦は、藤村が2安打を放ち奮闘したものの、打線が繋がらず、0対5となり黒星を喫した。

 一回、先発のグラインシンガーは先頭打者の田中に初球をいきなりヒットとされたが、続くバッターをゴロやフライとし、まずは無失点に抑えた。その裏、ジャイアンツの先頭打者の坂本は、打球を左翼に運び、2試合連続の先頭打者アーチと思われたが、あと一歩届かずフライとなり、先制点は奪えなかった。

 二回、この回の先頭バッター・稲葉にフルカウントから中堅にソロホームランを打たれ、先制を許してしまう。

 しかしグライシンガーは、三、四回は三者凡退とし、五回は今浪にヒットを打たれ出塁されるも、続くバッターを遊撃ゴロと右翼フライに抑え、追加点を許さない。

 六回、ヒットやバントなどで二死二塁となったところで、中田から右翼線にタイムリー二塁打を浴びた。これで2点差となり、グライシンガーはマウンドを降りた。2番手の星野は、稲葉を空振り三振とし、終盤の反撃に望みをつないだ。

 その裏、古城と加藤が空振り三振に倒れた後、坂本が左翼にヒットを放ち、二死一塁。続く藤村は中堅にヒットを放つ。ここで坂本は三塁を狙い、日ハム守備陣に刺されそうになるも間に合い、この間に藤村も二塁まで進み、二死二、三塁とチャンスを広げた。得点の期待が膨らんだが、長野が遊撃ゴロに倒れ、この回も得点できなかった。

 七回は三者凡退に抑えた3番手の越智だったが、八回、陽と中田にタイムリーを打たれてしまい、この回に2点を失い、0対4となった。

 その裏、二死から脇谷が中堅にヒットを運んだが、続く坂本が右翼フライに倒れ、0点のまま九回へ。

 4番手の西村が村田にタイムリーを許してしまい、ついに5点差となった。その裏も打撃陣は反撃の糸口を掴めず、そのまま試合終了となった。


なにも言うことはありません。しいて言えば、

正義の味方、すいません

というくらいでしょうか…。
 


↓明日こそは…、明日こそは…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 一発屋芸人ってこういうのが怖いですよね | トップページ | あなた誰? »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完敗とはこういう試合を言うのだった…:

« 一発屋芸人ってこういうのが怖いですよね | トップページ | あなた誰? »