« また出来るかどうかわからんことを進めようと詐欺っているようですが | トップページ | 外国人から献金を受けて外相を辞任した輩が首相ってか? »

2011/06/12

Gには悲劇のエースが二人もいるのか?

なんてこったい…
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月12日 対オリックス4回戦・京セラドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月12日 対オリックス4回戦・京セラドーム

澤村の力投実らず、オリックスに惜敗

 好投手同士の投げ合いとなったオリックス・バファローズとの4回戦。先発の澤村は七回まで1失点に抑える好投を見せたが、八回に痛恨の2ラン本塁打を被弾した。打線は九回に反撃を見せ1点差にまで詰め寄ったが勝ち越すことはできず、2対3で惜敗した。

 一回、先発の澤村は田口、後藤に連打を浴び一死一、三塁とすると、T岡田の遊撃ゴロの間に1点を失い、先制を許した。

 しかし直後の二回、先頭でバッターボックスに入ったラミレスが左翼スタンドに特大のホームラン。すぐさま試合を振り出しに戻した。

 先制を許した澤村だったが、二回以降立ち直る。五回には先頭打者・大引に四球を与え出塁を許すも、続く坂口を遊撃併殺打に打ち取った。ヒットは許すも、三塁を踏ませない粘りのピッチングで味方の反撃を待った。

 援護したい打線だったが、相手のエース・金子千を前にチャンスを作れない。七回までを散発3安打に押さえ込まれた。

 八回には、一死から谷の右翼超え二塁打、藤村の一塁内野安打で一死一、三塁のチャンスを作ったが、後続が絶たれ勝ち越しはならなかった。

 するとその裏、二死からT岡田に右翼へ二塁打を許すと、続く北川に左翼へホームランを浴び、勝ち越しを許してしまった。

 反撃が期待された九回、二死から高橋由が中堅超えに二塁打を放つと、続く長野が中堅にタイムリーヒットを放ち、1点差に詰め寄った。しかし最後のバッター阿部が三塁ファウルフライに倒れ、2連勝とはならなかった。


東野といい、澤村といい、防御率はいいのにさっぱり勝てませんねぇ。なにせ打線が今日も機能しませんでしたからね、特に上位打線。

( ´ー`)y―┛~~

澤村はいい経験をしているでしょうか。そうであればいいのですが。
 


↓エースへの道は茨の道なのか…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« また出来るかどうかわからんことを進めようと詐欺っているようですが | トップページ | 外国人から献金を受けて外相を辞任した輩が首相ってか? »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gには悲劇のエースが二人もいるのか?:

» ネコタン復活のピッチングの前に読売打線沈黙! [地平を駆ける猫を見た -No Limit !-]
京セラドームでのオリックスvs読売最終戦。先発はオリックスが故障明けのネコタン(金子千尋)、読売は「黄金ルーキー(笑)」澤村。 ネコタンはまだ万全の調子ではないようで、去年のピッチングとは程遠い状態でしたけど、それでも7回まで読売打線をソロホームランの1点で抑えます。 1-1の同点で迎えた8回表、読売は1アウト1,3塁と絶好の勝ち越しチャンスを作って、三塁走者は代走の鈴木尚。レフトスタンドの読売ファンは、いつものように「うぇっ、うえっ、ぐぉ~~」という呻き声を上げて応援します。ここで亀井はセカ... [続きを読む]

受信: 2011/06/13 10:37

» 巨人-オリックス [6/12] 澤村、北川に痛恨被弾 ああ無情・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
巨人 2―3 オリックス 6月12日 2回、ラミレスのバットが高めの曲がり球をとらえると、カッキーンと低反発球とは思えない打球音を残して同点10号弾!! 久々にスカッとする当たりでした。 −◆− 4回のオリックス。打者・北川 インハイやや甘めの球を打ち返されて打球が上がったので「ヤバッ!」と思ったけど、打球はあっという間に失速して谷のグラブに・・・。 澤村には球威があるんだなぁと感心。(この時点では、あとの悲劇を想像してなかった) −◆− 8回の巨人。谷が右中間二塁打、藤村... [続きを読む]

受信: 2011/06/13 12:20

« また出来るかどうかわからんことを進めようと詐欺っているようですが | トップページ | 外国人から献金を受けて外相を辞任した輩が首相ってか? »