« 小沢は得意の欠席かよ  m9っ`Д´) | トップページ | 産む機械、現実に存在していたとは… »

2011/06/02

施設が無事でも、お客が来てくれるのかという課題もありますね

風評被害、大丈夫なんでしょうか?
九十九里北側の2海水浴場、今夏の開設を断念 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

九十九里北側の2海水浴場、今夏の開設を断念 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 千葉県旭市は、東日本大震災で津波被害を受けた飯岡、矢指ヶ浦の2か所の海水浴場について、今夏の開設を見送った。

 沖合に設置された消波ブロックが、津波によって崩されて海水浴場エリアまで運ばれ、危険なため。「砂の彫刻展」など海岸のイベントも中止が決まった。

 市によると、昨夏は両海水浴場合わせて約9万人の人出があった。

 津波で崩れた消波ブロックは、場所によっては50~60メートルも陸側に運ばれた。復旧工事の着工は8月以降と見込まれている。トイレやシャワーも津波で運ばれた砂に埋もれるなどして使えず、飯岡海水浴場では駐車場が震災廃棄物の集積場所にもなっている。

 開設見送りに伴い、海水浴場を会場に、7月中に予定されていた「いいおかYOU・遊フェスティバル」「サマーフェスタin矢指ヶ浦」「あさひ砂の彫刻美術展」は、いずれも中止が決まった。あさひ砂の彫刻美術展実行委員会の鏑木延克委員長は「安全に開催できる状況ではなく、楽しみにされていた方には申し訳ないが、中止を理解してほしい。来年の開催に向けて頑張りたい」と話す。

 市によると、海水浴場に海の家などを出店している業者には開設見送りを伝え、理解を得たという。

 横芝光町も木戸浜、屋形の2か所の海水浴場を開設するかどうか検討中。木戸浜海水浴場は、波打ち際の海底の土砂がえぐられ、一部で深さ2~3メートルの段差ができた。屋形海水浴場では、隣接する公園との間に設置された長さ約100メートル、高さ約1・5メートルの塀が倒れ、波で打ち上げられたごみが散乱しているという。同町は「オープンするかどうか今月中に決定したい」としている。

 匝瑳市でも、津波で海岸の砂が流された堀川浜海水浴場の開設が未定。海底の深さや潮の流れを調査しており、開設するかどうか近く判断するという。

(2011年6月2日19時18分 読売新聞)


兆ベクレルなんていう単位の放射性物質が海に放出されているんですから、その影響を気にしない人ばかりではありますまい。しかも潮の流れは南下するところですしね。

本当に、すべてのことに影響が出てしまう史上最悪の災害になりましたね。
 


↓この記事は助長していないか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 小沢は得意の欠席かよ  m9っ`Д´) | トップページ | 産む機械、現実に存在していたとは… »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 施設が無事でも、お客が来てくれるのかという課題もありますね:

« 小沢は得意の欠席かよ  m9っ`Д´) | トップページ | 産む機械、現実に存在していたとは… »