« 民間とは言え独占企業の不祥事で賠償するのに料金上げられたらたまったもんじゃないですな | トップページ | 父親が殺害されているところを目撃した子供は憎しみを持たないのか? »

2011/05/04

どうせ6-9ヶ月で収まるとも誰も思っていないし、この年明けの判断もきっと口から出まかせでしょう?

何を言ってもそう思われるっていうのは、ちょっと可哀想ですけどね
asahi.com(朝日新聞社):原発周辺の帰宅の判断は年明けに 首相、訪問先避難所で - 政治

asahi.com(朝日新聞社):原発周辺の帰宅の判断は年明けに 首相、訪問先避難所で - 政治

 2011年5月4日20時12分

 菅直人首相は4日、原発事故で福島県双葉町民が集団避難している埼玉県加須市の旧県立騎西高校を訪れ、原発周辺住民の帰宅見通しについて来年早々に判断する考えを示した。

 避難所には双葉町が役場機能を置き、3日現在で町民1178人が生活。首相は町職員らを「全力を挙げてサポートする」と激励し、井戸川克隆町長には「東京電力の工程表では6~9カ月で安定的な状態になる。年明けの時点で改めてそれぞれの地域がどういう形で戻れるか判断する」と説明した。

 それから町民と対話し、「一日も早く町に帰してほしい」「職を失って住宅ローンが払えない」などと訴えられた。「首相が来るのはありがたいが、我々の声を聞いて政策に反映するのか疑問だ」という声もあった。首相は「戻れるのか別の道があるのか、町長と相談しながら方向性を出す」「国も(東電と)同じだけ責任がある」と答えた。

 一方、菅政権の「原子力被災者生活支援チーム」の平野達男内閣府副大臣らは4日、福島県庁で佐藤雄平知事と会談。文部科学省が設けた校庭の利用基準(年間被曝(ひばく)量20ミリシーベルト)について、佐藤知事は「政府・与党で見解が統一されていない。県民が不安を抱いている」と語った。

 同チームは3日から福島第一原発の周辺20キロ圏内の自治体首長や経済人と避難先で意見交換している。被災地側からは「東電の仮払金の2回目、3回目の支払いを考えないと、生活保護世帯が出てくる」「商工業者は緊急融資に時間がかかれば倒産してしまう」などの意見が出た。


ここで本当に心配なのが、一番最後のところですね。

商工業者は緊急融資に時間がかかれば倒産してしまう

すぐにでも金がいるのに、いろいろと手続きがかかるとかどんな形で渡せるかとか、そんな話をしているんでしょうか。これに関しては、日垣隆氏が凄いです。被災地に行って、困っている業者の方に直接現金?を渡して支援したということです。全財産とも書かれていました。

家族も家も仕事場も失った人を考えれば、自分はまだ働けば収入があるというようなことも書かれていました。本当に頭が下がります。こういう人の著作を買うことで間接的に支援する方法もあるのですね。

日垣隆公式サイト ガッキィファイター

電子書籍も販売されています。PDFですが、すごく安いですね。ツイッターをフォローしているとおみやげもいただけたり♪ぜひぜひ♪
 


↓回し者か?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 民間とは言え独占企業の不祥事で賠償するのに料金上げられたらたまったもんじゃないですな | トップページ | 父親が殺害されているところを目撃した子供は憎しみを持たないのか? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうせ6-9ヶ月で収まるとも誰も思っていないし、この年明けの判断もきっと口から出まかせでしょう?:

« 民間とは言え独占企業の不祥事で賠償するのに料金上げられたらたまったもんじゃないですな | トップページ | 父親が殺害されているところを目撃した子供は憎しみを持たないのか? »