« 国民に言っていたことが違っていたって…、そりゃー | トップページ | SPEEDIの件、役人が悪かったとか言っていますが、いつも誰かのせいにしていませんかね? »

2011/05/21

さすが自称原子力に詳しい人ですね、瞬時に懸念点を指摘できるとは只者ではありません

で、55分の中断の結果状況が悪化した可能性もあるということですけど
首相の意向で海水注入中断…震災翌日に55分間 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

首相の意向で海水注入中断…震災翌日に55分間 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京電力福島第一原子力発電所1号機で、東日本大震災直後に行われていた海水注入が、菅首相の意向により、約55分間にわたって中断されていたことが20日、分かった。

 海水を注入した場合に原子炉内で再臨界が起きるのではないかと首相が心配したことが理由だと政府関係者は説明している。

 臨界はウランの核分裂が次々に起きている状態。原子炉内での臨界には水が必要だが、1号機は大震災直後に制御棒が挿入され、水があっても臨界にはなりにくい状態だった。

 東電が16日に発表した資料によると、1号機の原子炉への海水注入は震災翌日の3月12日の午後7時4分に開始された。それ以前に注入していた淡水が足りなくなったため、東電が実施を決めた。

 複数の政府関係者によると、東電から淡水から海水への注入に切り替える方針について事前報告を受けた菅首相は、内閣府の原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長に「海水を注入した場合、再臨界の危険はないか」と質問した。班目氏が「あり得る」と返答したため、首相は同12日午後6時に原子力安全委と経済産業省原子力安全・保安院に対し、海水注入による再臨界の可能性について詳しく検討するよう指示。併せて福島第一原発から半径20キロ・メートルの住民に避難指示を出した。

 首相が海水注入について懸念を表明したことを踏まえ、東電は海水注入から約20分後の午後7時25分にいったん注入を中止。その後、原子力安全委から同40分に「海水注入による再臨界の心配はない」と首相へ報告があったため、首相は同55分に海江田経済産業相に対し海水注入を指示。海江田氏の指示を受けた東電は午後8時20分に注入を再開した。その結果、海水注入は約55分間、中断されたという。

(2011年5月21日08時11分 読売新聞)


制御棒が挿入されている状態でどうやってあの初期段階で再臨界までいくというのかわかりませんけど、それは私が素人だからでしょう。専門家の人たちの知識においては、制御棒が挿入されていても再臨界になる可能性があるのかもしれません。

で、その可能性に気づいて専門家のなかの専門家である 原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長 に確認したことは当然でしょう。

で、その原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が あり得る と答えたのなら、そりゃー首相としては中断しろという指示になりますよね。これは首相は悪くないと思います。当然の確認をして当然の指示をしただけかと。

で、その後 原子力安全委 からやっぱりその可能性はないっていう報告を受けて、政府は再注入の指示を出したと。これも当然ですよね。

ということで、結局原子力安全委って専門家の中の専門家なの?という疑問が出てきますね。大丈夫?で、海水を注入したら再臨界する可能性があるようですが、どういう仕組で再臨界になるのでしょうか。よーわからんのです。
 


↓俺も知りてぇ…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 国民に言っていたことが違っていたって…、そりゃー | トップページ | SPEEDIの件、役人が悪かったとか言っていますが、いつも誰かのせいにしていませんかね? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすが自称原子力に詳しい人ですね、瞬時に懸念点を指摘できるとは只者ではありません:

« 国民に言っていたことが違っていたって…、そりゃー | トップページ | SPEEDIの件、役人が悪かったとか言っていますが、いつも誰かのせいにしていませんかね? »