« 亀なのに足も速いんですね♪ | トップページ | こんなもの義務付ける以前のものだと思うんですが »

2011/05/15

中の人はクルーンだったってことなの?

勘弁してくれw
Yomiuri Giants Official Web Site: 打撃陣が奮闘するも、投手陣の崩れで黒星を喫す

Yomiuri Giants Official Web Site: 打撃陣が奮闘するも、投手陣の崩れで黒星を喫す

 広島東洋カープとの5回戦は、二回にラミレスの本塁打などで2点を先制し、その後も得点を重ねていったが、九回で追いつかれて逆転を許してしまい、今季初の3連勝にはならなかった。

 一回に藤村がプロ初ヒットで出塁するも、先制できなかったが、二回にラミレスが2試合連続ホームランを放ち、続く長野は右翼にヒット、亀井は右中間にタイムリー三塁打と繋ぎ、この回に2得点した。四回には、亀井の今季初となるソロホームランで追加点を奪った。

 三回に二死満塁のピンチを迎えたが、小山は栗原を左翼フライに打ち取り得点を許さなかった。しかし五回に三塁打などを打たれ1点を返されてしまう。この試合も小山は勝ち投手の権利を得ることはできず、五回途中でベンチに退いた。2番手の西村は2つのヒットで得点を許し、3対2となった。

 六回、長野が左中間にソロホームランを放ち、差を2点に広げた。

 七回に3番手の越智が広瀬、トレーシーに連続ヒットを浴び、久保にマウンドを譲った。しかし、続く栗原にタイムリーヒットを打たれ、1点差に迫られた。

 そして九回、一死満塁でロメロが暴投し同点に追いつかれる。一死二、三塁から前田智に四球を与えて、再び一死満塁のピンチに。さらに石原に死球を与えてしまい、押し出しで逆転されて試合終了。ロメロは初のセーブ失敗をし、黒星を喫した。


9回は本当にひとり相撲っていう感じですね。ヒットは1本しか無いのに2点も取れるんですから、野球って本当に不思議なスポーツです。この不思議さは転倒してもポイントがつく誰かさんのスポーツと似てますかね。

( ´ー`)y―┛~~

小山はもう少しですねぇ。普通なら3-1であの場面ならもう少し投げさせるんでしょうけど、なにせ負けが混んでいますからねぇ。少しでも傷の浅いうちにってことなんでしょうね。まぁそのあとにもタイムリーを打たれているわけですが、そうそう交代したピッチャーが全員好調っていう訳でもありませんしね。

打撃陣が奮闘するも

奮闘って、たった4点で?奮闘ってのはこの倍くらいは必要でしょう。
 


↓大勝せり負けはチームに力がつかん!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 亀なのに足も速いんですね♪ | トップページ | こんなもの義務付ける以前のものだと思うんですが »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

今日の敗因は久保とロメロの起用という采配ミスですね

ところで、私の12球団応援ブログからトラックバックを送ったんですけど、エラーになるみたいです。どうしたんでしょう?

投稿: れおにゃみ | 2011/05/15 01:03

ロメロはまだ1敗しかしていないし、セーブもこれまで7つ稼いでいます。育成上がりだし、年俸もはっきりいって低い。よくやってくれているほうです。制球難な所は前からちょっと出つつありましたが、今回はたまたま悪かったという事でしょう。藤川も岩瀬も何敗しているのかを考えれば・・・という事です。(´・ω・`)

投稿: たかはG | 2011/05/15 08:26

こんばんわ^^

>れおにゃみさん
ロメロの起用は采配ミスでしょうか。一応ストッパーの位置づけですし、それは厳しいかも…。

>トラックバックを送ったんですけど、エラーになる
すいません。
こんな場末のブログでも結構な数のスパムがあるので、いろいろブロックしています。その中に入っているのかも知れません。あるドメインからのものは顕著に多いので、そこにかかっているとか…。

すいません。
こちらからはお返ししておきますね。

投稿: ピア | 2011/05/18 01:15

こんばんわ^^

>たかはGさん
私もそう思います。よくやってくれています。7?8?セーブですよね。すごいですよ。チームの勝ち星を考えると、ね。

投稿: ピア | 2011/05/18 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中の人はクルーンだったってことなの?:

» ロメロ、メロメロw。原辰則の謎采配連発で読売逆転サヨナラ負けw [地平を駆ける猫を見た -No Limit !-]
広島が福井、読売が小山雄輝と、期待の大卒ルーキー投手同士の先発で始まった試合。チームの勝敗は勿論、ルーキー同士の意地のぶつかり合いにも興味が持たれます。 1回表に藤村の盗塁失敗でチャンスを潰した読売、2回表にソロホームランなどで2点を先制しますが、なおも続くノーアウト1,3塁の絶好のチャンスは後続が犠牲フライすら打てずに無得点。 さらに3回表、2アウト2塁のチャンスを掴みますが、レフト前ヒットで暴走してホームに突っ込んだ坂本がタッチアウト。またしてもチャンスを拙攻で潰します。 それでも4回表... [続きを読む]

受信: 2011/05/15 01:00

« 亀なのに足も速いんですね♪ | トップページ | こんなもの義務付ける以前のものだと思うんですが »