« 自民党、党設立の際の志を今こそ発揮するべきではないか? | トップページ | そんなに韓国語の中に日本語起源のものがあるんですか? »

2011/05/03

サウイフモノニ ワタシモナレナイ

ほんと、任務とは言え頭が下がります
発信箱:ヒーローはいらない 滝野隆浩(社会部) - 毎日jp(毎日新聞)

発信箱:ヒーローはいらない 滝野隆浩(社会部) - 毎日jp(毎日新聞)

 「フクシマ50(フィフティ)」という言葉がある。福島原発の過酷な環境下で働く作業員約50人を、海外メディアがそうたたえた。原子炉冷却のための放水作業をした消防隊員も機動隊指揮官も会見。その勇気と気遣う家族とのやりとりに心打たれた。ふと、思う。原発事故に立ち向かう自衛隊員はなぜ出てこないのだろう?

 実は、陸自中央特殊武器防護隊員6人は3号機の建屋が水素爆発したとき、乗っていた車ごとがれきに埋まり、けがもした。現場で最も生命の危機にさらされたケースといっていい。彼らはすぐ翌日、任務に復帰したという。命令ではなく、自らの意思で。放射線のプロとしての誇りか。それにしても、前の日に聞いた爆音は耳に残っているだろう。現場に放置された横倒しの放水車を見れば恐怖がよみがえったはずだ。彼らが会見を開く予定はないという。

 自衛隊には「ヒーローはいらない」という文化がある。1人の勇気ある行動を称賛しない、むしろ嫌う雰囲気。若い指揮官がとっさの機転を利かせて困難を乗り切っても、あとでやんわり「蛮勇をふるうなよ」と諭される。戦後しばらく、「憲法違反」などと不当に批判されたことの反動なのかもしれない。でも、私はこの時代、もっとおおらかに広報してもいいと思う。防護隊長の生の言葉がぜひ聞きたい。

 「我々は最後の最後まで、ここにとどまるからな」。原発周辺で活動する部隊長がそう訓示したことも、たぶん広報されることはない。PR下手で、黙々と、愚直に活動を続ける。宮沢賢治の詩を思い出した。<雨ニモマケズ/風ニモマケズ……>。部隊長は付け加えた。「住民は我々の姿をみて安心しているのだから」。<ホメラレモセズ/クニモサレズ>。サウイフモノニ、私はとてもなれない。


毎日新聞がこのような記事を載せるとはにわかには信じられませんね。

( ´ー`)y―┛~~

で、気になるのがここの部分。

PR下手で、黙々と、愚直に活動を続ける

PR下手というのもあるんでしょうけど、それよりもマスゴミが無視してる、自衛隊に関してはマイナス面しか報道しないという報道協定でもあるんじゃないの?中凶との間か何かで。

でも、今回の震災ではさすがに自衛隊のマイナス面は非常に少ないからプラス面しか報道できない、ってことじゃないの?だからこのように自衛隊の報道が少ないんでしょ?

で、

ふと、思う。原発事故に立ち向かう自衛隊員はなぜ出てこないのだろう?

なんでこう開き直れるのかな?厚顔無恥じゃないとマスゴミにはいられないってことなのかな?
 


↓手のひら返し芸だよwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 自民党、党設立の際の志を今こそ発揮するべきではないか? | トップページ | そんなに韓国語の中に日本語起源のものがあるんですか? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウイフモノニ ワタシモナレナイ:

« 自民党、党設立の際の志を今こそ発揮するべきではないか? | トップページ | そんなに韓国語の中に日本語起源のものがあるんですか? »