« 政治主導断念って、これも一丁目一番地だったのではないの? | トップページ | 政局しか考えていないから、どうしていいか分からなくなるんです »

2011/05/13

1号機でメルトダウンが発生しているのなら、ほかはどうなの?

ってか、メルトダウンしたらその原子炉ってどうやって対処すればいいのですか?
福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京電力は12日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉圧力容器で、冷却水の量が少ないため完全に水から露出した核燃料が過熱して容器底部に落下し、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると見られると発表した。

 東電は、この状態が「メルトダウン(炉心溶融)」であることを認めた。

 東電は、圧力容器の温度は100~200度と安定しているため、今後大きな事故に至る可能性は低いと見ているが、圧力容器を覆う格納容器からも水が漏れだしている可能性が高く、事故収束は難航が予想される。

 東電によると、10日から原子炉建屋内に入った作業員が水位計を調整した結果、圧力容器の冷却水位は燃料頂部から5メートル以上低いことが分かった。燃料棒は長さが約4メートルで、完全に露出している。これまでは、燃料頂部から1・65メートル低い位置まで水が満たされていると推定されていた

 東電は、燃料の大半はすでに溶けたり崩れたりして、底部に落下したとみている。経済産業省原子力安全・保安院は、圧力容器の温度が低いことから、「燃料は容器底部にたまった水で冷やされている」と指摘した。

 損傷した可能性が高いのは、原子炉の核反応を停止させる制御棒の貫通部など。直径約4・8メートルの圧力容器底部には制御棒97本、中性子計装管34本が貫通している。貫通部周辺の溶接部位は、溶融した核燃料の3000度近い高温には耐えられないという。

(2011年5月12日22時55分 読売新聞)


これまでは、燃料頂部から1・65メートル低い位置まで水が満たされていると推定されていた

やはり、原子炉内部でなにが起こっているのかは正確にわかっていなかったんですよね。まぁ、そらそうでしょう。津波や爆発でいろいろ破壊されていますからね、正常に動作していると期待するほうが間違いです。当ブログでも「なにも分かっていないんじゃないの?」という記事を書いていましたが…。

圧力容器を覆う格納容器からも水が漏れだしている可能性が高く

ということは、もしかして今海などに流出している汚染水は源泉かけ流し状態だったということになりませんか?そりゃー高濃度汚染水になりますよね…。

この状態で冷却のために水を注入すればするほど、海などの外部に汚染が広がることになります。が、注入しないと温度が上昇して最悪の爆発ということになるのかも。核燃料が溶けてどこかで集まっているということなら、下手すればむき出しの原子炉になりかねません。幸い、純度は低いので再臨界になるかどうかは私はわかりませんが、今でも近づきがたいのに、ほんとうの意味で半径100Km立ち入り禁止という状態になるかも知れませんよ。そうなると、すっから菅が言ったように、10年20年住めなくなる可能性もあります。というか、数世紀になるのでは?

石棺作業を早くしないと…。

燃料は容器底部にたまった水で冷やされている

この期に及んで希望的観測とは…。わからないのなら最悪のことを考えて最善手から繰り出すのが鉄則でしょう。

貫通部周辺の溶接部位は、溶融した核燃料の3000度近い高温には耐えられない

はい。
既存原子炉の補強策が出ました。

3000度でも溶けないように対処してください。ある意味、電源車を追加するよりも重要です。
 


↓現場作業員の人、大丈夫なのか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 政治主導断念って、これも一丁目一番地だったのではないの? | トップページ | 政局しか考えていないから、どうしていいか分からなくなるんです »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/51655499

この記事へのトラックバック一覧です: 1号機でメルトダウンが発生しているのなら、ほかはどうなの?:

» 1号機「燃料崩壊」「水棺不調」「1 Sv」で工程表の先行きに暗雲・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
ここ一両日、福島第1原発作業に関して悪い話題が続きました。 1号機の原子炉建屋2階で、1時間当たり1000ミリシーベルト超(計測器が振り切れた)の高濃度放射性物質を測定。1号機の格納容器を水で満たす冠水(水棺)作業で、予定された量の水がたまっておらず、格納容器の半分にも達していない。圧力容器に穴が開いている可能性が否定できない。1号機燃料棒が完全に露出。崩れた燃料が容器の底にたまっており、そこで冷やされている可能性。燃料は形状をとどめていない。溶けた燃料が格納容器に漏れ出ている可能性も否定でき... [続きを読む]

受信: 2011/05/13 08:57

« 政治主導断念って、これも一丁目一番地だったのではないの? | トップページ | 政局しか考えていないから、どうしていいか分からなくなるんです »