« 主軸がこうでは連敗もしようがありませんが | トップページ | 福岡県って、一体どこの国なんだよ… »

2011/04/29

主軸がこうなら連敗しようがありませんが?

今日は主軸というかチーム全体でよく打ちましたがねぇ…
Yomiuri Giants Official Web Site: 復活した小笠原ら14安打放つも逆転負け

Yomiuri Giants Official Web Site: 復活した小笠原ら14安打放つも逆転負け

 横浜ベイスターズとの今季初対決。先発のゴンザレスは3回まで無安打に抑え、楽勝ムードが漂ったが、五回に崩れ降板。3安打と復活した小笠原ら打撃陣は14安打を放ったものの、リリーフ陣がリードを守りきれず4連敗となった。

 先発のゴンザレスは一、二回を三者凡退に打ち取り、幸先の良いスタートを切る。三回は四球から二死三塁のピンチを招くも、石川を遊撃ゴロに抑え、得点を許さない。

 巨人は一回、坂本の二塁打を足がかりにバッテリーエラーで先制。二回にも長野のソロ本塁打で追加点を奪う。さらに三回には一死から坂本の2打席連続のヒットと小笠原の19打席ぶりのヒットでチャンスを作るとラミレス、矢野にタイムリーが出てリードを4点に広げる。

 ここまで無安打に抑えていたゴンザレスだったが、四回に先頭の森本にヒットを許すと、横浜打線に捕まり3連続安打などで2点を返されてしまう。五回にもスレッジの犠牲フライで1点を返され、さらに村田にヒットを許すとここでゴンザレスは無念の交代。2番手の金刃、3番手の西村が踏ん張り、この回を何とか最小失点でしのぐ。

 巨人打撃陣は四回に併殺崩れの間に得点し、5対0。5回にもライアルに来日初タイムリーがとび出し、この回まで毎回得点で6点を奪う。

 しかし六回、西村が一死満塁のピンチを招くと併殺崩れの間に得点を許し2点差に迫られる。ここでベンチは4番手に左腕・高木を送り込むが、スレッジを四球で歩かせた後、二死満塁で村田に走者一掃のタイムリー二塁打を打たれ、6対7と逆転を許してしまう。

 七回は越智、八回はアルバラデホが無得点に抑え味方の反撃を待つが、横浜のリリーフ陣の前に6回以降得点を奪えない。
九回は長野がこの日3本目のヒットを放ち、意地を見せたが、代打・亀井が右翼フライに倒れ、試合終了。痛い逆転負けを喫し、4連敗となった。


坂本:4安打
ガッツ:3安打
長野:3安打
ライアル:2安打

しかし、考えて見れば14安打で6点ってことは効率が悪いですよね。横浜の投手陣が余計な四球を与えていないってのがあるのかもしれません。

G:4四死球
Y:無四死球

この差かも。

それと、もうひとつ進塁するっていう策が取れない打線なのかもしれません。ようは足を絡めた作戦がなかなかし辛いのかも…。

いつも課題になりますがね。
 


↓打線が復活してくれたかなぁ?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 主軸がこうでは連敗もしようがありませんが | トップページ | 福岡県って、一体どこの国なんだよ… »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主軸がこうなら連敗しようがありませんが?:

» 4月29日【巨人-横浜】G怒涛の15安打で、なぜか屈辱の逆転負け [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
巨人 6―7 横浜 4月29日 5−0だし、ゴンザレスは3回までノーヒットピッチングだし、相手は横浜だから、久々に左団扇で楽勝だと信じていたんだけどなぁ・・・。 4回から急にゴンザレスが崩れ出して、5回2死、勝利投手の権利にあと1アウトのところで金刃に交代・・・。 厳しい交代だけど、続く投手がすんなり抑えてチームが勝てば得心もできるが、金刃、西村、高木が横浜打線の餌食になって逆転食らっちゃったから、ゴンザレスはなんか後を引きそう・・・。 嫌な気配・・・。 せっかく、坂本4安打... [続きを読む]

受信: 2011/04/29 21:18

« 主軸がこうでは連敗もしようがありませんが | トップページ | 福岡県って、一体どこの国なんだよ… »