« 近年稀に見る鬼畜親 | トップページ | え?これ、当然懲戒免職じゃないの? »

2011/04/02

すっから菅、やっぱり邪魔しに行ってたってことでよいような…

すぐにベントしていれば…、こういうのが後の祭りというのでしょうか
1号機ベント作業、首相視察の1時間後に : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

1号機ベント作業、首相視察の1時間後に : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 首相官邸の初動対応で、「菅首相の行動が裏目に出た」との批判が出ているのが福島第一原発の視察だ。

 地震発生から一夜明けた12日早朝、首相を乗せた陸上自衛隊のヘリコプターが官邸屋上から同原発に向かった。「とにかく現場が見たい」との首相の強い意向で、視察は約50分続いた。当時、1号機は原子炉格納容器内の圧力が高く、首相が視察にたつ約3時間前には、海江田経済産業相らが弁を通じて高圧の蒸気を放出するベント作業を急ぐよう指示。だが、実際の作業着手は、首相が視察を終えた1時間後だった。

 枝野官房長官らは視察の影響を否定するが、蒸気放出で放射性物質も原子炉外部に拡散するため、「首相に危険を及ぼさぬように作業を遅らせた」(自民党幹部)との見方が広がった。

(2011年4月1日09時32分 読売新聞)


別にすっから菅だから死んでもいいのにとまでは思いませんけど、周りの人が止めないとだめでしょう。すっから菅だけじゃなく、側近もだめなんです。

緊急事態だから視察をする状況ではない。視察は事態が落ち着いてからにしたほうがよい。状況なら官邸まで専門家に来てもらってじっくり説明を受ければいい。東京には専門家も東京電力の関係者もいる。それと、この緊急事態のさなかに最高責任者が実質動けない空白を作ることは避けたほうがよい。

これくらい言えないのかね?

原子力に詳しい首相が何を勉強するのでしょうか?: ピア 徒然見聞録

東京電力だけではなく、首相の人災でもあったということになりますか?
 


↓政権交代以降ずっとだけどなと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 近年稀に見る鬼畜親 | トップページ | え?これ、当然懲戒免職じゃないの? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっから菅、やっぱり邪魔しに行ってたってことでよいような…:

» 福島第一原発を巡るイルミーの野望 (再) [アマがえる GOO]
日本の主要な地震学者をその構成員に取り込み、国の地震予知および防災体制を自在に操れるようになったイルミーは、800年周期で襲ってくる三陸地震の発生が間近いことを事前に予知していながら、災害を予防するのではなく積極的に活用することで、日本国を一気にその完...... [続きを読む]

受信: 2011/04/02 02:15

« 近年稀に見る鬼畜親 | トップページ | え?これ、当然懲戒免職じゃないの? »