« こいつ、誰に向かって「建設のピッチが遅い」って言ってるの? | トップページ | やること無いからっていって、自分で仕事つくること無いのに »

2011/04/19

投手戦なのか、貧打なのか?

Gにつきまとう課題でしょうか?
Yomiuri Giants Official Web Site: 救援陣が粘れず、痛恨のサヨナラ負け

Yomiuri Giants Official Web Site: 救援陣が粘れず、痛恨のサヨナラ負け

 敵地、甲子園で迎えた阪神タイガースとの今季初戦。先発の東野は先制点を許すが、その後は立ち直り阪神先発・能見との息詰まる投手戦となる。七回にラミレスのタイムリーで同点にするが、その裏勝ち越しを許す。八回、再び同点に追いつき、試合は延長戦へ。十回、4番手の山口が満塁から新井良にタイムリーヒットを打たれサヨナラ負け。3連敗となった。

 一回、先発の東野は二死からヒットと四球で一、二塁のピンチを迎える。続くブラゼルに初球を左翼前に運ばれ、先制点を奪われる。その後、東野は立ち直りを見せ、阪神打線を六回までこの一点に抑える。

 東野の好投に応えたい打線だったが、苦手とする能見の前に沈黙。7連続三振と抑え込まれ、六回までわずか2安打と攻撃の糸口をつかめない。

 七回、先頭の坂本がヒットで出塁。脇谷の送りバント、小笠原の内野ゴロの間に坂本は三塁まで進出する。続くラミレスはフルカウントから中堅にタイムリーヒットを放ち、ついに同点に追いつく。

 同点にした直後、東野は連打と死球で満塁のピンチを招く。ここで代打の林に犠牲フライを打たれ、勝ち越しを許してしまう。

 しかし八回、巨人打線が粘りを見せる。二死から代打の紺田が左翼にしぶとくヒットで出塁する。バッテリーエラーで二塁まで進むと、坂本が値千金のタイムリーヒット。再び同点に追いつく。

 その後、両チームとも決め手を欠き、延長戦に。十回、前の回からマウンドに登った久保が先頭の代打・関本にヒットを浴びる。一死を取った後、ベンチは山口にスイッチ。山口は平野を打ち取るが、四球と内野安打で二死満塁のピンチを招く。最後は新井良に右翼にタイムリーヒットを打たれ、サヨナラ負けを喫してしまった。


ぐっさん、失敗が続いていますが…。
でも、今日の投手陣は責められないですよね。肝心なところで打たれちゃったというのはあるとはいえ、3点にまで抑えているんですからね。もうちょっと打たないと。2点ではダルビッシュが投げていないと勝てないような…?

ま、春先は打線がいまいちですからね。こんなものかも?

とにかく、あと85勝すれば優勝でしょうから、頑張るしかありませんね。優勝への道も1勝からってね。
 


↓まぁ打線も粘ったっちゃー粘ってるけどね…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こいつ、誰に向かって「建設のピッチが遅い」って言ってるの? | トップページ | やること無いからっていって、自分で仕事つくること無いのに »

ジャイアンツ2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投手戦なのか、貧打なのか?:

« こいつ、誰に向かって「建設のピッチが遅い」って言ってるの? | トップページ | やること無いからっていって、自分で仕事つくること無いのに »