« 今の状況ではセクシー路線はどうにも… | トップページ | 福島原発事故、ついに単位がわからなくなってきました »

2011/04/06

電力復旧は2-3日だなんて、吹っ飛ぶような災害なんですよね

別の理由で復旧できないこともあるとはいえ、太陽様様です
燃料ゼロ大助かり 移動太陽光発電機フル稼働 大船渡 (河北新報) - Yahoo!ニュース

燃料ゼロ大助かり 移動太陽光発電機フル稼働 大船渡 (河北新報) - Yahoo!ニュース

 河北新報 4月5日(火)14時11分配信

 電力復旧のめどが立っていない岩手県大船渡市周辺地区の避難所で、相模原市の光学部品製造「相光技研」(本田義広社長)が贈った移動式の太陽光発電機が活躍している。

 同社は3月18日、碁石コミュニティセンターと後ノ入公民館の2カ所に発電機を設置した。宇宙航空研究開発機構の関係施設がある縁から「銀河連邦」として大船渡市と交流を続けてきた相模原市から依頼を受けて、無償で協力した。

 発電機は一辺約1メートルの立方体で、1メートル四方の太陽光パネル5枚を広げて使う。大容量のバッテリーを搭載し、電圧100ボルト、電流30アンペアで10時間、出力できる。

 テレビや掃除機を動かすのに使っている同センターのリーダー役、及川宗夫さん(60)は「自家発電機は燃料をたくさん消費するため、あまり長く使用できない。これは大変助かる」と喜ぶ。

 同社は「約1年前に開発した時は『電力は大災害でも2、3日で復旧するから使えない製品だ』と評判が悪かった。現在、利用されているのは被災地にある2台のみで、役立ててもらえてありがたい」としている。

(佐藤理史)


30KW/h ですか。ものすごい出力ですね。でも被災地では何十人、何百人と生活されていますから、これでも不足でしょう。

燃料の備蓄とともに、こういう太陽光発電装置も配備しておく必要がありますね。避難所に指定されているところでは義務化するということにすればいいのでしょう。

■燃料、太陽光発電、コンロその他
■飲料、非常食
■毛布、その他日用品

普段の生活並は不要でしょうけれど、人が生活するとなれば結構なんやかやと必要になるんですね。ないと命に関わるものも人によってはありますので、災害対策というのは難しいですね。それこそ、地域のひとりひとりの顔が見えていないと準備もできません。

改めて地域コミュニティの大事さを痛感します。
 


↓まずは隣人を愛せよだと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 今の状況ではセクシー路線はどうにも… | トップページ | 福島原発事故、ついに単位がわからなくなってきました »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電力復旧は2-3日だなんて、吹っ飛ぶような災害なんですよね:

« 今の状況ではセクシー路線はどうにも… | トップページ | 福島原発事故、ついに単位がわからなくなってきました »