« 退潮傾向というか、当選することがおかしいんだが | トップページ | これほんと、どうにかならんのでしょうか? »

2011/04/25

東京電力、この大甘の処置はどういうこと?

役員でさえ報酬40%削減にとどまるの?
東電、社長ら報酬50%削減…新規採用も見送り : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

東電、社長ら報酬50%削減…新規採用も見送り : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京電力は25日、会長と社長、副社長、常務の年間報酬を50%削減すると発表した。

 執行役員は40%、管理職は25%、一般従業員は20%それぞれ削減する。2012年4月入社を予定していた約1100人の新規採用も見送る。一連の人件費削減により、年540億円を捻出し、福島第一原子力発電所の事故による賠償金の支払いの原資としたい考えだ。

 報酬や給与の減額は、執行役員以上は4月支払い分から、管理職以下は7月から行う。社外取締役の報酬も減額する。

 東電の清水正孝社長は、「被災した皆様への補償や、設備復旧等にかかる諸費用の増加による経営状況の大幅な悪化を踏まえ、(人件費削減を)実施した」とのコメントを発表した。

 東電労組は「社会的にも極めて大きな影響を及ぼしている現状を組合員一人一人が重く受け止めた」としている。

(2011年4月25日21時36分 読売新聞)


常務まで=50%
執行役員=40%
管理職=30%
一般社員=20%

( ´ー`)y―┛~~

こうじゃね?

常務まで=100%
執行役員=90%
管理職=70%(賞与は0)
一般社員=30%(上限400万円、賞与は0)

税金投入されるんだからねぇ。これくらいでも大甘じゃないの?逆に税金投入されずに自前ですべての補償をするっていうのなら、好きにすればいいと思います。

事態の認識がずれているのではないか?
 


↓避難所で発表できるのか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 退潮傾向というか、当選することがおかしいんだが | トップページ | これほんと、どうにかならんのでしょうか? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力、この大甘の処置はどういうこと?:

» 夕張市新市長の給与約26万円、東電社長は50%削減しても2千万円!? [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
【 夕張市長と東電社長 】 統一地方選挙後半戦で、全国唯一の財政再生団体・北海道夕張市の市長に元東京都職員の鈴木直道氏(30)が初当選。 財政再建中の夕張市長の月給は25万9千円。 東京都職員としての給与から年収ベースで約200万円下がるとのこと・・・。 敢えていばらの道を選んだ若者市長の奮闘を願うばかりです。 一方、東京電力は全役員の報酬を50%程度カットする方針を固めたそうですが、現在の取締役19人の平均年収は1人約3700万円(柏崎刈羽原発の運転停止による役員報酬2割カットを... [続きを読む]

受信: 2011/04/26 17:43

« 退潮傾向というか、当選することがおかしいんだが | トップページ | これほんと、どうにかならんのでしょうか? »