« 激甚災害の義援金に「余る」なんてことが果たしてあるのかどうか | トップページ | 政治家は言葉の重みを分かっていないとできない仕事ですが »

2011/03/20

こういう話には涙腺がゆるみます

と同時に、まだまだ日本人も大丈夫だ!と強く思います。

ねずきちの ひとりごと 日本頑張れ!

一番感動したのが次の文章です。


ねずきちの ひとりごと 日本頑張れ!

 【49】当方宮城県民。

朝からスーパー並んでたんだが、私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ。
子供は大事そうに壊れたDS(画面の亀裂はもちろん色々飛び出してる)を持っていて、時折ボタンを押しては反応が無いことに落胆している様子。
母親との会話を聞くと、どうやらそのDSはサンタさんから貰ったらしい。
子供がすんごい悲しそうでさ、ゲームができないことよりサンタが怒ってないか気にしてた。
周りも私も何とも言えない気持ちになってたら、1人の中学生くらいの男の子が子供に近づいてった。
で、自分のDS渡したんだよその子。
しかも「サンタさんから頼まれた」とか言って壊れたDSと自分の交換してた。
子供大喜び。
母親は涙ぐみながら頭下げてた。

凄い嘘臭いけど本当の話。
電気ないし水ないし寒いし食料も充分じゃない。
けどだいぶ気持ちが明るくなったよ。

余談だが、この現場を見ていたらしいおばちゃん達、その中学生に自分達が買った食料分けてた。
私は彼にパワーを貰ったので、これを見たあなた達にもお裾分けしたい。
頑張ろうね。


頑張ります。というか、被災した人たちから毎日勇気を貰っています…。

私たちから見ればものすごいことになっているにもかかわらず、TVの報道ではそんなことはまったく見せず、「とにかく生きていられたんだからまた頑張ろう」という主旨の言葉ばかりです。一番びっくりしたのが、震災直後に1日ぶり?くらいに救出されたおじいさんが「また頑張って再建します」というようなことを少し笑顔で言っていたこと。

年長者の肝の座りを見せられて驚愕しました。こういう時に人間の素が出るんですよね。
 


↓気を付けないと…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 激甚災害の義援金に「余る」なんてことが果たしてあるのかどうか | トップページ | 政治家は言葉の重みを分かっていないとできない仕事ですが »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こういう話には涙腺がゆるみます:

« 激甚災害の義援金に「余る」なんてことが果たしてあるのかどうか | トップページ | 政治家は言葉の重みを分かっていないとできない仕事ですが »