« 売り切れ | トップページ | ゾンビが復活するなんて聞いてないぞ »

2011/03/18

アメリカは最初から最悪の事態を防ぐという姿勢なんですね、で日本国政府と東京電力は?

あとからならなんとでも言えるとはいえ、見通しが甘いとしか言えない経過ですよねぇ
原発事故直後、日本政府が米の支援申し入れ断る : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

原発事故直後、日本政府が米の支援申し入れ断る : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡り、米政府が原子炉冷却に関する技術的な支援を申し入れたのに対し、日本政府が断っていたことを民主党幹部が17日明らかにした。

 この幹部によると、米政府の支援の打診は、11日に東日本巨大地震が発生し、福島第一原発の被害が判明した直後に行われた。米側の支援申し入れは、原子炉の廃炉を前提にしたものだったため、日本政府や東京電力は冷却機能の回復は可能で、「米側の提案は時期尚早」などとして、提案を受け入れなかったとみられる。

 政府・与党内では、この段階で菅首相が米側の提案採用に踏み切っていれば、原発で爆発が発生し、高濃度の放射性物質が周辺に漏れるといった、現在の深刻な事態を回避できたとの指摘も出ている。

 福島第一原発の事故については、クリントン米国務長官が11日(米国時間)にホワイトハウスで開かれた会合で「日本の技術水準は高いが、冷却材が不足している。在日米空軍を使って冷却材を空輸した」と発言し、その後、国務省が否定した経緯がある。

(2011年3月18日08時12分 読売新聞)


廃炉にするどころか、そもそも耐用年数?の30年を経過したのに使用継続の手続きして10年?延長したくらいですから、そのしょっぱなに廃炉するなんていう話は眼中になかったんでしょうね。

大して影響がないことなら別に今のような戦力の逐次投入というようなぬるい対応でもいいですが、本件は人命どころか本当の意味で日本がかかっていますので、最初から最善の策を実行すべきだった…。

日本の技術水準は高いが、冷却材が不足している

これも不思議なんですよね。

技術力の高い日本が今していることといえば、冷やすために水をかけるということです。ここで言われている「冷却材」がどのようなものかは知りませんが、材というくらいですからただの水ではないということでしょう。日本にはその「材」はないのでしょうか。それとも、もうそんな「材」を使うような状況ではないということなのでしょうか。

原子力に詳しいすっから菅でも誰でもいいですから、今起きていることを正確に説明して欲しいです。
 


↓言えないくらいなんじゃないか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 売り切れ | トップページ | ゾンビが復活するなんて聞いてないぞ »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは最初から最悪の事態を防ぐという姿勢なんですね、で日本国政府と東京電力は?:

« 売り切れ | トップページ | ゾンビが復活するなんて聞いてないぞ »