« なんちゅうか、台湾の人の善意には頭が下がります | トップページ | 無期懲役でも10数年で出てくるんでしょう? »

2011/03/24

被爆は日常となってしまっている原発現場ですが、起こってはいけないことが起こってしまいました

β線熱傷という事故が起こったようです
3号機で3人被ばく、2人搬送…水付着で : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

3号機で3人被ばく、2人搬送…水付着で : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 冷却作業などが進められている東京電力福島第一原子力発電所3号機で24日、協力会社の作業員3人が、緊急作業時の限度である年間250ミリ・シーベルトに近い量の放射線に被曝(ひばく)した。

 そのうち2人は、放射能を帯びた水が足に付着して「ベータ線熱傷」を起こす可能性があるため、病院に運ばれた。東電は、3人がいたタービン建屋地下1階のほか1階での作業も中止した。

 被曝した3人は男性で、30代が2人と20代が1人。この3人は1組となって同日午前10時頃から、3号機タービン建屋地下1階の水が約15センチたまった場所で、原子炉に真水を注入するための電気ケーブルを接続する作業をしていた。この作業を含む約3時間で、3人は緊急作業時の年間被曝限度に近い173~180ミリ・シーベルトの放射線を浴びた。作業終了後に被曝の詳細を調べたところ、このうち2人の足の皮膚も、放射性物質で汚染されていることがわかった。原発に駐在する医師が、放射線でやけどのような症状を示す「ベータ線熱傷」の可能性があると判断し、2人を福島県立医大病院に運んだ。

 たまっていた水に放射性物質が含まれていたとみられる。病院に運ばれた2人は、はいていた短靴の上部から水が入り、くるぶしの深さまで水につかっていたという。ベータ線熱傷は軽い痛みや水ほうを伴うが、病院に運ばれた2人に外傷は認められていない。残りの1人は長靴をはいていた。

 東電によると、放射性物質を含む水がどこから流れてきたかは不明だという。

(2011年3月24日23時06分 読売新聞)


どうして水があったんでしょう?タービン建屋では爆発も発生していないんですから、普通に考えて水管が健在なら水は存在しないのでは?もしかして、水管が破裂して原子炉からの放射性物質を含む蒸気が還元された水が溢れていたとか?

あるいは格納容器や使用済燃料格納プールへの放水が何らかの形でタービン建屋内に浸水していたとか?

東電によると、放射性物質を含む水がどこから流れてきたかは不明だという

現場の状況が状況だけに、わからない事だらけなんでしょうね。そういう現場で作業されている人たち、文字通りの決死の覚悟がないとできないことでしょう…。また交代しているとはいえ、ほとんど不眠不休の作業が続いているんでしょう…。

本当に、本当にくれぐれも事故にはあわないようにこれを教訓にして長靴着用義務付けが必要でしょう。水がいつなんどき溢れてくる、あるいは溢れているところでの作業になるかもわかりませんのでね。

朽ちていった命 -被爆治療83日間の記録-: ピア 徒然見聞録

こういうことにはならないですよね?詳しくないんでわからないんですけど…。この事故でも始めは見た目なんでもないようで、少しやけどで赤くなっているかなという程度だったようです。外見は。

被害者の方の無事を祈らずにはいられません。
 


↓祈るしかない…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« なんちゅうか、台湾の人の善意には頭が下がります | トップページ | 無期懲役でも10数年で出てくるんでしょう? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被爆は日常となってしまっている原発現場ですが、起こってはいけないことが起こってしまいました:

« なんちゅうか、台湾の人の善意には頭が下がります | トップページ | 無期懲役でも10数年で出てくるんでしょう? »