« 責任者というものはこうでなければだめでしょう | トップページ | これは朗報ですね、政府もやれば出来るじゃないですか »

2011/03/23

想定出来ていなかったことはしかたがないです

いくら言ってみても起こったことはないことにはできませんからね、それよりもこの教訓をこれからどう活かすのか、それを議論すべきでしょう
原発設計「想定悪かった」原子力安全委員長 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

原発設計「想定悪かった」原子力安全委員長 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 政府の原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は22日の参院予算委員会で、東日本巨大地震による東京電力福島第一原子力発電所の事故に関し、「(原発設計の)想定が悪かった。想定について世界的に見直しがなされなければならない。原子力を推進してきた者の一人として、個人的には謝罪する気持ちはある」と述べ、陳謝した。

 社民党の福島瑞穂氏の質問に答えた。

 班目氏は2007年2月の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)運転差し止め訴訟の静岡地裁での証人尋問で、非常用発電機や制御棒など重要機器が複数同時に機能喪失することまで想定していない理由を問われ、「割り切った考え。すべてを考慮すると設計ができなくなる」と述べていた。福島氏はこの証言を取り上げ、「割り切った結果が今回の事故につながった」として謝罪を求めた。

 班目氏は「割り切り方が正しくなかったということも十分反省している。原子力安全委員会は原子力安全、規制行政に意見を言う所だが、抜本的な見直しがなされなければならないと感じている」と語った。

 これに関連し、菅首相は22日、首相官邸に班目氏や経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長ら関係機関のトップを呼び、連携を密にするよう指示した。

 班目氏は首相と会談後、記者団に「(首相から)もっと連携を良くしろ、と怒られた」と語った。首相周辺は「事故対応の役割分担についてすり合わせをした」としている。

(2011年3月22日20時26分 読売新聞)


地震そのものに関してはあれだけのマグニチュードおよび震度の地震だったにもかかわらず設計範囲内だったということでかろうじてクリアしていますが、やはり今回は津波ですね。

昨日だったかの原子力関連の作業をしている会社の社長のインタビューでは、非常用の施設を地下につくっていたということですから、津波がくればひとたまりもありません。

ただ、格反応炉や格納容器などは健在だったわけですから、非常用の設備が稼働できなくなったとしても、なんとかして今復旧作業しているような外部から再度電力を供給出来れば素早く復旧できることに成りますから、その方策を考えるというのもひとつの案でしょう。あるいは非常用の設備を頑丈に作った高い建物の上部に配置するなど、いろいろ考えられそうです。

ただ、想定していなかったがために今大変な目にあっている人には十分な配慮をしていただきたいです。国家としても、東京電力としても。

原発事故で非難しているというだけではなく、その影響で救助できなかった人もいるでしょう。そういうことも含めて考えて欲しいですね。
 


↓税金か電気料金上がるのかな…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 責任者というものはこうでなければだめでしょう | トップページ | これは朗報ですね、政府もやれば出来るじゃないですか »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定出来ていなかったことはしかたがないです:

« 責任者というものはこうでなければだめでしょう | トップページ | これは朗報ですね、政府もやれば出来るじゃないですか »