« こういう話には涙腺がゆるみます | トップページ | だからマスゴミなんて言われるんでしょう »

2011/03/21

政治家は言葉の重みを分かっていないとできない仕事ですが

大阪にも分かっていないバカがいるようです
asahi.com(朝日新聞社):「この地震、本当に起きてよかった」大阪府議長が発言 - 社会

asahi.com(朝日新聞社):「この地震、本当に起きてよかった」大阪府議長が発言 - 社会

 2011年3月21日9時4分

 4月1日告示の大阪府議選に立候補を予定している長田義明府議会議長(自民)が、20日の事務所開きのあいさつで、東日本大震災に関連して「大阪にとって天の恵みというと言葉が悪いが、本当にこの地震が起こってよかった」と発言した。長田氏は朝日新聞の取材に「不謹慎な言い方で、反省している」と話している。

 長田氏は、橋下徹知事が目指す大阪湾岸の府咲洲(さきしま)庁舎(旧大阪ワールドトレードセンタービルディング、大阪市住之江区)への府庁舎全面移転に反対。東日本大震災で咲洲庁舎が被害を受けたことを「天の恵み」と発言し、「橋下知事の考えが間違っていたということが示された」と続けた。

 長田氏は取材に対し、「大阪の府庁舎移転問題の面でよかったと言ったつもりで、地震が起きてよかったと言ったつもりではなかった」と釈明した。

 11日に起きた震災で、55階建ての咲洲庁舎ではエレベーターに人が閉じこめられたり、壁面パネルが損傷したりした。

 橋下知事は2009年に咲洲への庁舎移転案を2度提案。府議会はいずれも否決する一方、ビル購入予算案は可決。府はビルを第2庁舎として使用している。長田氏はビル購入に賛成したが、庁舎の移転には反対していた。


大阪にとって天の恵みというと言葉が悪いが、本当にこの地震が起こってよかった

これだけを聞いて、あるいは読んで、果たして大阪府の庁舎の移転問題に関することだと分かる人は日本にはいるでしょうか。いるとすれば長田氏の関係者だけじゃないんでしょうか。実際には話の流れで出たというのは予想はできますが、報道は切り取って出されますのでね。

そういうピンポイントだけで通用するような話は楽屋だけで話していればいいのに、こういう公の場で言うから誤解されてこういう記事になってしまうんです。

それと、庁舎にという話しが出ている咲洲庁舎でもエレベーターに閉じ込められるという実際の被害も出ているんですから、そういう意味でも不謹慎でしょう。

政治家どころか人間失格では?
 


↓床屋談義でもはばかられるないようだ…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こういう話には涙腺がゆるみます | トップページ | だからマスゴミなんて言われるんでしょう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治家は言葉の重みを分かっていないとできない仕事ですが:

« こういう話には涙腺がゆるみます | トップページ | だからマスゴミなんて言われるんでしょう »