« これは朗報ですね、政府もやれば出来るじゃないですか | トップページ | IAEAは日本政府を信用していないようです »

2011/03/23

東京電力、今このタイミングで謝罪行脚はないのでは?

とにかく電力供給に従事している人以外は全員福島原発の対策をしろ!っていう状況なのに…
「何しに来た」怒る人も…東電副社長が謝罪行脚 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「何しに来た」怒る人も…東電副社長が謝罪行脚 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、同社の皷(つづみ)紀男副社長は22日、福島県田村市の市総合体育館に設置された大熊町の町災害対策本部を訪れ、渡辺利綱町長に「ご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪した。

 渡辺町長は「一刻も早く危機的な状態を脱してもらいたい」と訴えた。

 その後、皷副社長は同体育館で避難している町民約670人に頭を下げて回り、「何しに来たんだ」と住民から怒りの声が浴びせられた。

 「一日も早く家に帰りたい」「農家で農産物が心配」と訴える住民に対し、「今はこの事態を収束させるべく努力をしています。全力を尽くします」と繰り返した。

 皷副社長は同日、福島市内で記者会見し、福島第一原発1~4号機の廃炉について「収束に全力を尽くしており今は考える状況でない」、農作物などの被害に対する補償については「どういう場合に可能か方向性を検討している」と述べた。

 皷副社長は順次、各自治体の対策本部や避難所を回る予定という。

(2011年3月22日19時46分 読売新聞)


しかも副社長。しかも、まだこの段階になっても廃炉を断言できないとは。しかもしかも、農業従事者への補償にも言及しないとは…。出てこなかったほうがよかったのではないの?そうすれば、副社長も福島原発の現場で100ミリシーベルトを越える放射能を浴びながら対策作業をしてくれていると思う人もいたかもしれませんのにねぇ。海江田大臣に怒鳴りつけながらね。死んでこいという意味のことをね。

こちらにはもう少し詳細が書かれています
【放射能漏れ】福島知事、東電社長の「おわび」面会を拒否 社員は避難所も入れず - MSN産経ニュース

【放射能漏れ】福島知事、東電社長の「おわび」面会を拒否 社員は避難所も入れず - MSN産経ニュース

 2011.3.22 11:39

 福島県の佐藤雄平知事は22日、県災害対策本部の会合で、「東京電力から社長が面会したいとの申し入れがあったがお断りした」と、東電の清水正孝社長によるおわびの面会を拒否したことを明らかにした。

 佐藤知事はこの後、記者団の取材に応じ、「東電に対する県民の憤りは頂点に達している。今はお会いすべき時期ではない」と理由を説明した。また、東電側には「今はそんなことよりも、事態の収束に全力をあげろ」と命じたことも明らかにした。東電の松井敏彦・福島事務所長が21日夜、申し入れに訪れたという。

 東電では16日から、福島県内の避難所などにも、本店などの幹部25人を派遣して謝罪をしようとしているが、「激しいお怒りを受けて避難所内に入れない」(東電関係者)という。

 このため、東電側は原発周辺の市町村の首長や議長などへの「おわび行脚」を続けている。

 しかし、市町村側の評価は厳しい。飯舘村の菅野典雄村長は産経新聞の取材に対して、「東電からは謝罪と事故の説明だけしかない。万一の事態でどう対処すれば安心かといった専門的な知識を示してくれない」と強い不快感を示した。


まぁねぇ、福島県の避難所には入れないでしょう。特に原発に近い避難所にはね。で、謝罪という意味なら会長と社長が無制限の記者会見で謝罪するほうがいいと思いますよ。避難所生活にも慣れてきたかもしれないのに、そのような不快な状況に直面すると精神の安定が乱れることにもつながりますからね。

記者会見は報道されるでしょうけど、見なければ見れませんから。その場所に来られれば、いやでも目や耳に入りますから。

そういえばTVのCMで東京電力の謝罪が流れていますね。どれくらいのお金がかかっているのかはわかりませんが、募金したほうがいいのではないでしょうか。金の使い方は考えないとね。
 


↓頭もな…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これは朗報ですね、政府もやれば出来るじゃないですか | トップページ | IAEAは日本政府を信用していないようです »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力、今このタイミングで謝罪行脚はないのでは?:

« これは朗報ですね、政府もやれば出来るじゃないですか | トップページ | IAEAは日本政府を信用していないようです »