« この犯人が被災者の皆さんよりも困っているとは思えないんですが… | トップページ | なんで今から着手なのか?という疑問も出てきますけど、勝算はあるのでしょうか? »

2011/03/16

要は、原子炉格納容器の中で何が起こっているのか把握出来ていないということでは?

最悪の事態というよりも、最悪の状態ですね…
危険の兆候か、2号機の圧力なぜ急低下 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

危険の兆候か、2号機の圧力なぜ急低下 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 福島第一原子力発電所2号機で16日、原子炉などの内部圧力が急激に低下した。

 原子炉ではそれまで冷却水が不足して異常過熱が起きていたため、過熱が収まって圧力も下がった可能性はある。だが、あまりに極端な圧力低下を示すデータもあり、異変が新たな段階に入ったという見方もある。2号機の炉に何が起きているのか。

 2号機の原子炉は、今回の地震で緊急停止して以来、炉内の燃料を冷やす冷却水の不足が復旧できていない。2度にわたって冷却水を失い、燃料体すべてが露出したこともある。15日朝の爆発で、原子炉本体である「圧力容器」を覆う「格納容器」が損傷した可能性もある。過熱と冷却水不足で炉心溶融が懸念される1~3号機のなかで、もっとも深刻な原子炉ともいえる。

 2号機の圧力容器内の圧力は、15日午後から下がり始め、同日午前の約3気圧(大気圧の3倍)から、16日には大気圧のレベルにまで落ちた。格納容器も、15日午前まで大気圧の7倍程度を維持していたが、午後から急激に下がり始め、16日には大気圧を下回る数値を示した。

 圧力低下の原因としてまず考えられるのは、圧力容器、格納容器ともに密閉性が破れたことだ。すき間を開けた窓のように、内と外とで空気などの行き来が自由になる。東京電力は、少なくとも格納容器については、気密が破れた可能性があるとみている。

 だが、この場合は、大気圧と同じになったところで減圧は止まるはずだ。格納容器内の圧力が大気圧より低いのなら、格納容器はまだ気密を保っているとも考えられる。しかし、それは格納容器の損傷が指摘されていることと矛盾する。格納容器、あるいは両方の圧力計が壊れている可能性もある。

 もう一つは、連日の冷却水注入の努力が効いて、両容器内の温度が下がり、内圧が一気に下がった可能性だ。だが、依然として冷却水の量は少なく、圧力容器や格納容器の気密が保たれたまま圧力が急に下がったとは考えにくい。

(2011年3月16日22時19分 読売新聞)


状態がわからなければ対策の検討のしようがないのでは?多分、各種センサーは水素爆発や地震その他の影響で壊れているのでしょう。あるいは、地震以降の様々なストレスで壊れてしまったのでしょう。

水位計と圧力計、両方同時に壊れる確率などほぼ天文的では?こと原子力に関係するものとしては、ですが。

このまま本当に冷却水が不足して燃料棒が露出され続けていると、その燃料棒が自熱でまず被覆管が溶け、そのなかの燃料ベレットが溶け、原子炉圧力容器の中で一箇所に集まり、その集まって量が一定以上になれば、核分裂反応が始まり、いずれはチェルノブイリのように爆発、という最悪のシナリオも考えられます。

現場の作業員の方々は常に最善と思われる対処を進めていただいていると思います。しかも決死の覚悟で。

日本の行方はその作業員の方々の双肩にかかっていると言っていいでしょう。頑張ってと祈るしかありません。

この本を読めば核反応から原子力発電までよくわかると思います。それと、放射線の恐怖も。
 


↓素人としては一番怖いよな、どうなってるかわからないってのは…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« この犯人が被災者の皆さんよりも困っているとは思えないんですが… | トップページ | なんで今から着手なのか?という疑問も出てきますけど、勝算はあるのでしょうか? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 要は、原子炉格納容器の中で何が起こっているのか把握出来ていないということでは?:

« この犯人が被災者の皆さんよりも困っているとは思えないんですが… | トップページ | なんで今から着手なのか?という疑問も出てきますけど、勝算はあるのでしょうか? »