« 今の日本に韓国に輸出できる余裕などないでしょう、そもそもそんな状況ではないし | トップページ | こんなバカは学校に通っても意味が無いから退学でいいよ »

2011/03/21

これは新たな人災になる可能性が大です、超法規的措置しかありませんが官邸は何をしているのやら

人命第一でしょう、法律はわかりますが
署内に怒声、医療関係者に緊急通行許可下りず : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

署内に怒声、医療関係者に緊急通行許可下りず : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 岩手県内陸部の警察署。交通課の窓口で、「被災者の命を見捨てるんだな」という鋭い声が響いた。

 声を荒らげたのは緊急通行車両の申請に訪れた医療関係者。被災地で必要な薬を届けたいという。

 結局、許可は下りなかった。

 この警察署では、地震後、緊急通行の許可を求め、医療、行政関係者の申請が殺到、1週間余で数百枚が発行された。

 「緊急」の文字が記された「標章」があれば、通行規制区間への進入が可能だ。同時にガソリンスタンドでの給油を優先的に受けられるため、被災地への支援や連絡に往復するためのガソリン確保をと、申請する人が後を絶たない。

 一方で、岩手県内では徐々に通行規制が解除され、主な道路では東北道のみになった今、緊急通行許可は、高速道を使った長距離移動を除いて下りなくなった。

 しかし、ガソリン不足は深刻で、盛岡市や近郊では、ガソリンスタンドの行列が数キロの長さになることもある。奥州市内では、ガソリンを節約するために車内で眠るのに石油ストーブで暖を取っていた男性が一酸化炭素中毒死する事故も起きた。

 許可証へのニーズは高まるばかりだ。ある警察署幹部は「助けたい気持ちは痛いほどわかる。でも、今の制度のままでは車の給油を目的に許可は出せない」と苦しい胸の内を明かした。

(2011年3月21日14時35分 読売新聞)


医療関係者や避難所の代表者に限り交付するということでいいのでは?
 


↓これ以上助かる命を犠牲にしてはならないと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 今の日本に韓国に輸出できる余裕などないでしょう、そもそもそんな状況ではないし | トップページ | こんなバカは学校に通っても意味が無いから退学でいいよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは新たな人災になる可能性が大です、超法規的措置しかありませんが官邸は何をしているのやら:

« 今の日本に韓国に輸出できる余裕などないでしょう、そもそもそんな状況ではないし | トップページ | こんなバカは学校に通っても意味が無いから退学でいいよ »