« もしかして、ジミンガー作戦ではないでしょうね?想定が低すぎたのは事実、それをどう活かすのかを議論しないと | トップページ | フランスのロボットを断るには訳があるんでしょうけど、中凶の支援がマスゴミ報道で目立っていますよね? »

2011/03/29

津波からの逃げ方が放言にまでなっている、歴史に学ぶことは大事ですね

「てんでんこ」、また語り継がれるはずです
「てんでんこ」三陸の知恵、子供たちを救う : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「てんでんこ」三陸の知恵、子供たちを救う : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東日本巨大地震による津波で大きな被害を受けた岩手県釜石市と大船渡市で、津波に備えた知恵や工夫が奏功し、多くの子供たちの命が救われた。

 釜石市では、津波から身を守る方法として三陸地方に伝わる「津波てんでんこ」が効果を発揮。大船渡市では、学校から高台へ素早く逃げられるよう、父母らの訴えで昨年秋に完成したばかりのスロープでの脱出劇があった。

 ◆過去の教訓◆

 死者・行方不明者が1200人以上に上った釜石市では、全小中学生約2900人のうち、地震があった3月11日に早退や病欠をした5人の死亡が確認された。しかし、それ以外の児童・生徒については、ほぼ全員の無事が確認された。

 市は2005年から専門家を招いて子供たちへの防災教育に力を入れており、その一つが「てんでんこ」だった。度々津波に襲われた苦い歴史から生まれた言葉で、「津波の時は親子であっても構うな。一人ひとりがてんでばらばらになっても早く高台へ行け」という意味を持つ

 学期末の短縮授業で184人の全校児童のうち約8割が下校していた市立釜石小。山側を除くほとんどの学区が津波にのまれたが、児童全員が無事だった。学校近くの住宅街で友人と遊んでいた同小6年の藤元響希(ひびき)君(12)は「家族や家が心配だったけど、無意識に高い方に走って逃げた」。その後、避難所で家族と再会できた。

(2011年3月28日15時07分 読売新聞)


とにかく生きられるものは生きろ、という教えですね。

家族や家が心配だったけど、無意識に高い方に走って逃げた

無意識でできるくらい、身についていたということです。素晴らしいです。今度は自分がその教えを自分の子どもに受け継いでいってくださいね。
 


↓年の功というやつか…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« もしかして、ジミンガー作戦ではないでしょうね?想定が低すぎたのは事実、それをどう活かすのかを議論しないと | トップページ | フランスのロボットを断るには訳があるんでしょうけど、中凶の支援がマスゴミ報道で目立っていますよね? »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波からの逃げ方が放言にまでなっている、歴史に学ぶことは大事ですね:

« もしかして、ジミンガー作戦ではないでしょうね?想定が低すぎたのは事実、それをどう活かすのかを議論しないと | トップページ | フランスのロボットを断るには訳があるんでしょうけど、中凶の支援がマスゴミ報道で目立っていますよね? »