« 父子と立候補云々は別問題でしょう | トップページ | 丸投げか見守ることしかできないんですからしようがないでしょう »

2011/03/03

こりゃまた懐かしいブーメランが飛び出しましたね、時間差ブーメランは非常識詐欺師集団の得意技ですからw

天変地異も政権交代でなんとかなるくらいですからね
菅首相にそっくり返す…居座り批判受けた麻生氏 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

菅首相にそっくり返す…居座り批判受けた麻生氏 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 自民党の麻生元首相は3日の麻生派総会で、菅首相が民主党代表代行だった2008年10月の衆院予算委員会で、当時首相だった麻生氏に衆院解散・総選挙を迫った発言を紹介した上で、「その言葉をそっくり返上したい」と述べた。

 菅政権の現状についても「とにかく何をしたいのかよく分からないまま、ぐらぐら揺れている」と皮肉った。

 菅首相は衆院予算委で、麻生氏に対し、「半年、1年居座りをするのではなく、きちんと解散・総選挙を」と迫った。

(2011年3月3日20時28分 読売新聞)


上記の発言は以下のものですね
国会会議録検索システム-本文表示(MAIN)

国会会議録検索システム-本文表示(MAIN)

170-衆-予算委員会-4号 平成20年10月07日

○菅(直)委員 麻生総理、総理就任おめでとうございます。私もJCに属したことがありますが、総理はJCの会頭までやられて、そういう点では若干の親しみを感じております。しかし、予算委員会は国民の皆さんの前での真摯な議論でありますので、余り手かげんはしないで質問させていただこうと思っております。
 まず、総理は、総裁就任直後に、次なる総選挙において断固民主党と戦って勝たねばならない、私はその選挙に勝って初めて天命を果たしたことになる、こう言われましたね。では、天命を果たすための総選挙はいつ行われるんですか。

○麻生内閣総理大臣 解散・総選挙の時期につきましては、今確たる日にちを決めているわけではありません。また、民主党との間にきちんとした争点というものを設定しないといかぬものだと思ってもおりますので、国際貢献等いろいろあろうと存じますけれども、そういったものについてきちんと正確にした上で、どちらが政権担当能力があるかということをきちんと皆さんの前に明らかにするというようなことが必要なのではないかと思っております。

○菅(直)委員 前の福田総理、その前の安倍総理と同じように、まさか天命を放棄して、総選挙をやらないまま、半年、一年居座ろうとされているんじゃないでしょうね。いかがですか。

○麻生内閣総理大臣 この点も所信で御説明申し上げたと存じますが、逃げないという話を申し上げたと思っておりますので、きちんと所信表明でも申し上げておるとおりであります。

○菅(直)委員 このままいくと総理は、解散も総選挙もしないまま、また次の人に移るのではないかと若干心配になりましたので、どうか、半年、一年居座りをするのではなくて、きちんと解散・総選挙を、まさにこの予算の上がった段階ででもやられることを強く望んでおきます。

○麻生内閣総理大臣 この四年の任期というものは、これは皆さん方がそれぞれ大量の票を有権者から、また選挙区で得てこられた方々であります。それを、四百八十人からの方々の職責もしくは職というものを解雇するのに近いような形で、会社でいえばそういうことになりますので、そういった意味では、いただいた票は大事に大事に使わねばならぬ、これは皆同じ気持ちだと思っておりますので、その間に職責をというお話の前に、解散を即というような状況等々は十分に考えた上で決断をさせていただきたいと存じます。

○菅(直)委員 繰り返しはしませんが、今の議席は三年前の小泉総理のときのいわゆる郵政選挙の議席でありまして……(発言する者あり)

○衛藤委員長 静粛に願います。

○菅(直)委員 その後の二人の総理は国民の信がないまま政権運営をしようとして、結局求心力を失いました。ですから、私は、麻生総理も国民の信を問わないまま居直ろうとすれば求心力は急激になくなるだろう、このように思っておりますので申し上げたところであります。
 そこでもう一点、総理は、組閣直後に、慣例ですと官房長官がやられていた組閣名簿をみずから発表されました。そして、一人一人の閣僚について指示をされたのを私もテレビで拝見しました。リーダーシップを誇示するなかなかのパフォーマンスだなと見ておりました。
 その中で、中山前国交大臣、当然のことながら、麻生総理は中山さんの考え方とか人柄もよく御存じであったはずであります。その任命されたわずか五日後に辞任せざるを得なくなった。これは、麻生総理が自分のチームをつくる上でそうした適任者を選べなかったという意味で、私は、リーダーシップを欠いていたと言われても仕方がないと思いますが、いかがですか。

-- 後略 --


見事なブーメラン芸ですね。久しぶりに堪能できました。3年も前に今の状況をここまで正確に予測してこのようなネタを仕込んでいるとはねぇ。しかも国会の予算委員会でですよ。

神業、人間の所業とは思えない、奇跡の技ですけどねぇ、非常識詐欺師集団ではこれは普通なんでしょうね。
 


↓すげぇなぁ…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 父子と立候補云々は別問題でしょう | トップページ | 丸投げか見守ることしかできないんですからしようがないでしょう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/51025177

この記事へのトラックバック一覧です: こりゃまた懐かしいブーメランが飛び出しましたね、時間差ブーメランは非常識詐欺師集団の得意技ですからw:

« 父子と立候補云々は別問題でしょう | トップページ | 丸投げか見守ることしかできないんですからしようがないでしょう »