« 人の噂も75日とは言いますが、これは未来永劫語り継がれるレベルでしょう | トップページ | 早速教訓にするという迅速な対応ですね、こうでなければなりません »

2011/03/27

こんな重大だデータを「てへw 間違っちゃったw」って言われてもねぇ

本当にプロなんですかね?
東電誤発表、コバルト56を間違える? : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

東電誤発表、コバルト56を間違える? : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京電力が福島第一原子力発電所2号機のタービン建屋で、通常の原子炉内の水の1000万倍という高濃度の放射性物質を含む汚染水が見つかったと27日午前、記者発表したことについて、東電は同日夜、「別の物質と間違ったため、違う計算結果が出てしまった」と釈明した。

 東電によると、24日に作業員3人が被曝(ひばく)した事故を受け、24日から26日にかけて、1~4号機のタービン建屋地下で見つかった汚染水について分析した。

 2号機の測定値で突出していたのがヨウ素134だった。ヨウ素134は核燃料中のウランの核分裂で生成されるが、寿命(半減期)は53分と短く、半日で1万分の1以下に減る。ところが、半減期が8日のヨウ素131の100倍以上も出ていたことになっていた。

 東電は27日午後に、同じ水をもう一度分析したところ、ヨウ素134と思っていた物質がほとんど減っておらず、分析データが似ているコバルト56と間違っていた可能性が高いことに気づいたという。経済産業省原子力安全・保安院も同日夜の会見で、誤りがあったことを認めた。

 「もし本当ならば、停止しているはずの原子炉で、再び核分裂反応が短時間起きた可能性もある」(古川路明・名古屋大学名誉教授)。結果は関係者にも衝撃的だった。一方で、データがおかしいと気づいた関係者もいた。原子力安全委員会の代谷誠治委員は「ヨウ素134の量が突出して多いのが不思議だ」として、東電側に再分析を求めていたという。

 東電では、2号機の水を採取し直し、もう一度分析するとしている。東電の武藤栄副社長は「お騒がせして申し訳ない。結果の吟味が不十分だった。誤った原因を調査し、今後はきちんとしたデータを出していきたい」と話している。

(2011年3月27日22時32分 読売新聞)


まぁ、数値の多少に関わらず異常な数値ってのは変わらないと思いますが…。それと、どうやっても原子炉内の水が出てきているってのも変わらないようにも思いますが…。

お騒がせして申し訳ない

ホンマやね。
できれば専門家の意見を聞きながら対応してくれないですかね。そうすれば多少はお騒がせすることも減るんじゃないですかね。

素人的にはそう思いますよ。
 


↓なんでこんなんなんだろ?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 人の噂も75日とは言いますが、これは未来永劫語り継がれるレベルでしょう | トップページ | 早速教訓にするという迅速な対応ですね、こうでなければなりません »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな重大だデータを「てへw 間違っちゃったw」って言われてもねぇ:

» 「たかじんの委員会」で紹介された『放射能風説』に心が痛む [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
【 酷い誤解・・・ 】 3月27日の『たかじんのそこまで言って委員会』では、原発事故への視聴者からの質問・意見が紹介されました。 ある女の子(中高生くらい?)から届いたとされる意見は『被災地の交通機関が復旧したら、放射能を帯びた服を着た人がやってきて、私たちに放射能を移しはじめる。これから何十年も生きる私たちは、その放射能のせいで遺伝子が傷つき将来の出産などに影響が出る。』という旨・・・。 女子の言葉は、まるで原発周辺地から吸血鬼やゾンビがやってくるような雰囲気さえはらんでいて、映画で言う... [続きを読む]

受信: 2011/03/28 10:14

« 人の噂も75日とは言いますが、これは未来永劫語り継がれるレベルでしょう | トップページ | 早速教訓にするという迅速な対応ですね、こうでなければなりません »