« 東京消防庁のビデオでも警報ブザーは鳴りっ放しでしたけど、どうしてあの時にはルール遵守って言わなかったの? | トップページ | ついに単位からミリが外れてしまいました… »

2011/03/25

できないじゃなく、どうすればできるのかを考えるのが責任ある行動でしょう

ここでも米軍が活躍していたようです
【東日本大震災】仙台空港 復興の陰に在日米軍の尽力 - MSN産経ニュース

【東日本大震災】仙台空港 復興の陰に在日米軍の尽力 - MSN産経ニュース

 2011.3.25 21:50

 津波が押し寄せ、軽飛行機が浮かんだ仙台空港。早期の再開は困難と思われたが、被災5日後の16日には早速メーン滑走路を使って空輸を開始、被災地への物資輸送の拠点として大いに役立っている。早期再開の陰には、がれきの撤去までした在日米軍の協力があった。(徐暎喜)

 空輸が再開した仙台空港に輸送機が到着した。運ばれてきたのは、水や食料など被災地への救援物資。降ろされた物資を、日本の自衛隊の隊員らとともに在日米軍の兵士らが自衛隊のトラックに積み込む。トラックが向かう先は、被害の大きい太平洋沿岸の避難所。運搬する自衛隊員は「これまで気仙沼や石巻を回った」と話す。

 在日米軍は震災直後から、仙台空港を救援物資の運搬拠点として利用しようとしてきた。しかし、空港はがれきだらけ。国土交通省東京航空局仙台空港事務所の大坪守所長が「空港全域が水没し、復旧のめどが全く立っていない」という状態だ。

 このため、在日米軍は横田基地(東京)や嘉手納基地(沖縄)などから214人の兵士を集め、自衛隊員らとともに、滑走路のがれき撤去に取りかかった。フォークリフトなどの重機も持ち込み、津波で流されてきた乗用車を撤去。必死の作業でメーン滑走路を確保し、16日から離着陸が可能になった。

 まだ民間機の離着陸はできないが、現在、米国内や、国内外のボランティア団体などから届いた物資を1日平均11機の輸送機で運んでいる。

 在日米軍はシャベルを使って手作業で泥を空港建物から取り除く作業にも従事。今後、津波で1階部分が完全に水没し、電気や通信設備のほとんどが使用不能になったターミナルビルの復旧にも携わる予定だ。

 日米共同調整所仙台空港現地調整所長の笠松誠1等陸佐は「米軍が早い時期に空港に重機を持ち込んで整備してくれたことで、救援物資の拠点として活用できるようになった。感謝している」。米海兵隊のクレイグ・コゼニスキー大佐は「復旧のため、日米合同で作業を続けたい」としている。


この記事を読んで思い出したのが、以下のブログ記事です。

Life is beautiful: リーダーシップについて思い出したこと

この記事は数年前のアメリカのハリケーンによる大洪水についてがトリガーになっています。肝心なところを引用します。

Life is beautiful: リーダーシップについて思い出したこと

-- 前略 --

 ちなみに、今回の政府側の対応の悪さについて、マスコミも激しく非難しているが、その一つでFema(Federal Emergency Management Agency)のトップがインタビューを受けているニュースを見たのだが、以下のような会話を聞いて、ふとマイクロソフト時代のエピソードを一つ思い出した。

アナウンサー: 今回の被害は10万人もの人々が市内に残ったために被害が大きく広がったのですが、政府としてはどう見ていますか。
Fema(のトップ): 10万人も残るとは全くの予想外でした。
アナウンサー: しかし、貧困層の人達が移動する手段を持っていなかったことは前もって分かっていたんですよね。なぜバスを手配するなどしてあげなかったんですか?
Fema: 私達としても、市にバスを手配するように指示したんですが、市側が十分なバスを手配してくれなかったんです。

 記憶を呼び起こしたのは、この「市にバスを手配するように指示したが、市側が十分なバスを手配してくれなかった」という言い訳である。私が米国のマイクロソフトで働き始めてまだ日が浅い頃、ソフトウェアの開発に関連して似たような言い訳をビルゲイツの前でした人間がいたのだが、その瞬間にビルゲイツは机を叩いて真っ赤になって怒り始めたのだ。この場面にビルゲイツがいたとすれば、こんな感じになる。

ビルゲイツ: (机を激しく叩いて)市側が十分なバスを手配してくれなかっただって?バカなことを言ってるんじゃない。市側が適切な対応をしなかったら、市長の首をねじ上げててもバスを手配させるのがお前の仕事だろう。それでも市が動かなかったら、隣の市からバスを借りて来るなり、軍にトラックを手配させるなりして、何としてでも市民を非難させるんだ。
Fema: しかし、市も軍も私の指揮権の及ぶところではありませんから…
ビルゲイツ: (ますます真っ赤になって怒って)指揮権がなんだっていうんだ。人の命がかかっているんだぞ。軍に要請を出して動いてくれなかったら、大統領に電話して命令を発動してもらうのがお前の仕事だろう。何のためにお前に高い給料を払っていると思ってるんだ。

-- 後略 --


私もこれを読んだあとは、どうすればボトルネックになっている課題を解決できるか?という意識が少しだけ身についたように感じます。

災害時というのは人命がかかっていますからそこで「できないから…」というような考えを持っているトップでは助かる命も助かりません。そういう意味では最悪の時期=政権下での震災になってしまいました。残念でなりません。今回の震災では自治体も無力化されてしまっていますので、これまでよりもより政府がリーダーシップを取らないとだめなんですけどね…。
 


↓首相は2週間に一度の記者会見&質疑なしだけだと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 東京消防庁のビデオでも警報ブザーは鳴りっ放しでしたけど、どうしてあの時にはルール遵守って言わなかったの? | トップページ | ついに単位からミリが外れてしまいました… »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できないじゃなく、どうすればできるのかを考えるのが責任ある行動でしょう:

« 東京消防庁のビデオでも警報ブザーは鳴りっ放しでしたけど、どうしてあの時にはルール遵守って言わなかったの? | トップページ | ついに単位からミリが外れてしまいました… »