« ちょっと何を言ってるのかわかりませんよ、非常識詐欺師売国スパイ集団の渡辺議員と安住国対委員長さんw | トップページ | 今の日本に韓国に輸出できる余裕などないでしょう、そもそもそんな状況ではないし »

2011/03/21

今の時点では風評被害も甚だしい被災地の野菜と、今の時点では危なくて忌避するしかない中国野菜、どちらがいいですか?

愚問ですよね…
東京新聞:中国産野菜 日本向け急増:国際(TOKYO Web)

東京新聞:中国産野菜 日本向け急増:国際(TOKYO Web)

 【上海=今村太郎】東日本大震災を受け、日本の食品関連業者が国産農作物の収穫減や原発事故の風評被害に備えて中国産の確保に乗りだし、浙江省や江蘇省など中国沿岸部の食品メーカーが対応に追われている。

 「冷凍ナノハナの受注が四~五割増え、みんな残業で大変だ」。上海から車で一時間半ほどの浙江省嘉善県にある冷凍食品メーカー「嘉興年代速凍食品」の毛傳鋒副社長は肩をすぼめた。同省はナノハナの産地として知られ、同社は例年、日本に数百トンを輸出している。日本では主に外食産業へと流通する。

 受注が急増したのは震災後、三日ほどしてから。ナノハナだけでなく冷凍のインゲンやブロッコリーの受注も急増し、通常の倍に当たる百五十人態勢で午後十時ごろまで残業して対応。農家の収穫能力に限りがあるため「多くの注文を断っている」とも話した。

 同省や江蘇省の他の食品メーカーでも同様に、日本からの受注が例年の一・五~二倍に増えている。買い付けに来た兵庫県の輸入業者は「収穫減ももちろんだが、福島第一原発の事故による風評被害も予想し、買い集めている」と説明。「日本の業者と取引が多く、厳しい衛生基準に慣れている中国沿岸部のメーカーが一番の受け皿になる」と話した。


私なら、日本国内産の野菜のほうがいいですけどね。放射性物質がついているといっても洗い流せばいいんですから。

おかしな農薬を使って育てた野菜(というイメージしか無いのが怖いところです、本当はちゃんと管理されている中国の農場もあるんでしょうけどね)なら、いくら洗っても野菜そのものの中にあるでしょうからねぇ。

先ほど、TVの昼帯び番組に消防隊?の方が出演されていました。決死の突入作業でご自身も20ミリシーベルトくらいの放射線を浴びたということでしたが、別に他の出演者の方々からは何も声が出ませんでしたけどね。それとは比較にならないくらいの微量でしかも洗い流せるものなら、普通の家庭料理をしているかぎりは洗い流されるので問題ないでしょう。

原発事故以前に製造出荷された野菜や牛乳も風評被害にあっているとか。店が撤去するその気持もわからんでもないですけど、こういうときだからこそ売ってあげたいですが…。経営者としては苦渋の決断ということでしょうが…。
 


↓これも群集心理なのかな…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ちょっと何を言ってるのかわかりませんよ、非常識詐欺師売国スパイ集団の渡辺議員と安住国対委員長さんw | トップページ | 今の日本に韓国に輸出できる余裕などないでしょう、そもそもそんな状況ではないし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の時点では風評被害も甚だしい被災地の野菜と、今の時点では危なくて忌避するしかない中国野菜、どちらがいいですか?:

« ちょっと何を言ってるのかわかりませんよ、非常識詐欺師売国スパイ集団の渡辺議員と安住国対委員長さんw | トップページ | 今の日本に韓国に輸出できる余裕などないでしょう、そもそもそんな状況ではないし »