« 原子力に詳しい首相が何を勉強するのでしょうか? | トップページ | もしかして、ジミンガー作戦ではないでしょうね?想定が低すぎたのは事実、それをどう活かすのかを議論しないと »

2011/03/29

ここまでの大量の漏水は想定外でしょうね、日当40万円で募集しても集まるかどうか…

しかも最悪の漏水ですし…
汚染水の排出難航、本格的な原子炉冷却再開阻む : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

汚染水の排出難航、本格的な原子炉冷却再開阻む : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 原子炉冷却システムの復旧作業が進む東京電力福島第一原子力発電所で、タービン建屋地下にたまった放射性物質を含む汚染水の排出が難航している。

 1号機の排水開始から29日で5日たったが、水位はまだ下がっていない。2、3号機では、汚染水の回収先確保に時間がかかる見通しになった。

 一方で電源復旧は進み、29日までに1~6号機の中央制御室に照明が点灯、原子炉に冷却水を送る仮設ポンプが1~3号機で電動に切り替わった。外部電源で原子炉を冷却するという当面の目標は達成したが、タービン建屋の排水が進まなければ、原子炉本来の効率的な冷却システムの回復が困難になる恐れもある。

 1号機のタービン建屋地下では24日夕、本格的な電源復旧に欠かせない部屋にたまった水の排水を始めた。この部屋で作業を再開できなければ、炉心などの熱を効率よく除去する「残留熱除去系」など、原子炉本来のシステムを利用した本格的な冷却を再開することは難しい。

 排水開始から5日間で、1300トン以上を排水した。仮に水が約4000平方メートルの床全体に広がっているとしても、水位が30センチ以上減っている計算になるが、最大水深が40センチほどのたまり水は、ほとんど減っていない。

 東電は「水が外部から流入している恐れがある」とし、

〈1〉原子炉に注入した冷却水が漏れて流れ込んだ
〈2〉タービン建屋外側の作業用トンネル「トレンチ」にたまった大量の水が流れ込んでいる

――などの可能性を想定し、原因の特定を急いでいる。

(2011年3月29日22時27分 読売新聞)


ほとんど減っていない水たまりがある=どんどん漏水し続けているということですから、そんじょそこらのタンクを用意したくらいでは無意味でしょう。それと、(2)の可能性はないんじゃないですか?それなら強い放射線が出ていることが説明できないのでは?

別記事では使用していないタンカーを使うなど…ということも書かれていましたけど、そのタンカーは死のタンカーになるんですけど、どこに係留しておくのでしょうか?まさかロシアのように日本海に沈めるわけにもいきませんし…。

20万トン級のタンカーなら排水先としては十分でしょうけど…。放射線が…。

こんな記事もあります
東京新聞:「日当40万円出すから」 原発作業員 確保に躍起:社会(TOKYO Web)

東京新聞:「日当40万円出すから」 原発作業員 確保に躍起:社会(TOKYO Web)

 2011年3月29日 06時58分

 危機的な状況が続く福島第一原発。その復旧作業は放射能、時間との闘いで、作業員の確保が急務となっている。東京電力の要請を受けた協力会社は、各地にいる作業員たちを呼び寄せようと躍起になっている。中には法外な高給を提示された作業員もいる。

 「日当四十万円出すから来ないか」。福島県いわき市からさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)に避難している作業員藤田竜太さん(27)の携帯電話に、旧知の原発のメンテナンス業者から誘いが入った。

 現場は福島第一原発。高給である以上、それだけ高い危険が待ち構えていることはすぐに分かった。電線の敷設作業をしている友人からは「おれ、もう被ばくしているかも」と聞かされた。

 長男はまだ三つと幼く、妻(26)には新しい命が宿った。ためらいなく断った。藤田さんは、「五十代以上の人は高給につられて原発に戻っているらしい。でも、おれはまだ若いし、放射能は怖い。もう原発の仕事はしたくない」と語った。

 一方、協力会社の男性社員(41)は、勤務先から「人が足りないから戻ってくれないか」と第一原発での作業を要請され、四月以降に福島に戻る。

 男性は計測器を使ってそこが作業できる場所かどうかを調べるのが主な仕事。原発の現状からすると、まさにそこが最前線ともいえる。「特別な報酬があるわけではないが、危険な作業が待っているだろう。断ったら、恐らく会社にはいられない」と半ば強制だと受け止めている。

 同県田村市の男性(58)によると、第一原発で働く知人の父に、「五十歳以上の人で原子炉近くに入ってもらえる人を探している。手当は普通より多く払うからお願いできないか」という電話がかかってきたという。

 東京電力は現場の労務環境について、「放射線量が高いので、一人当たりの作業時間に限りがあるため、人員の交代が頻繁に行われている」と説明。また、「協力会社にお願いしながら人員を確保している。作業費は協定に基づいて協力会社に支給しているが、個々の金額についてはコメントできない」としている。 (社会部・堀祐太郎)

(東京新聞)


日当で40万円ということは時給というか分給ならどのくらいでしょうか。8時間として時給5万円。分給1000円というところでしょうか。

でも、1シーベルトなんていう殺人的な放射線が出ているところの排水作業なんてことになったら、5分くらいしか作業できないんじゃないですか?ということは5千円か…。

5千円では…。

1回40万円くらいにしないと…。なにせ命をかけていますからね…。
 


↓凍らせたらどうだ?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 原子力に詳しい首相が何を勉強するのでしょうか? | トップページ | もしかして、ジミンガー作戦ではないでしょうね?想定が低すぎたのは事実、それをどう活かすのかを議論しないと »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここまでの大量の漏水は想定外でしょうね、日当40万円で募集しても集まるかどうか…:

» 東京電力は殺人電力だ!二次災害から四次災害まで勃発中の日本。 [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)での二次被害の津波の大きさを東京電力は想定を [続きを読む]

受信: 2011/03/30 15:13

« 原子力に詳しい首相が何を勉強するのでしょうか? | トップページ | もしかして、ジミンガー作戦ではないでしょうね?想定が低すぎたのは事実、それをどう活かすのかを議論しないと »