« 知らんかった、原発の建屋ではその構成物質は放射線物質に変わるのか? | トップページ | 在庫とは思うものの »

2011/03/27

数字の遊びとは思いませんが、いっそのこと年間10シーベルトくらいにすれば?

何も分かっていないのではないか?
asahi.com(朝日新聞社):国際放射線防護委「被曝限度1~20ミリシーベルトに」 - 社会

asahi.com(朝日新聞社):国際放射線防護委「被曝限度1~20ミリシーベルトに」 - 社会

 2011年3月26日19時41分

 国際放射線防護委員会(ICRP)は、原発事故などが起きた後に周辺に住む人の年間被曝(ひばく)限度量は、1~20ミリシーベルトの範囲が妥当とする声明を発表した。日本の現在の基準は、一律に1ミリシーベルト。福島第一原発事故の影響が収まっても、放射能汚染は続く可能性があると指摘し、汚染地域の住民が移住しなくてもいいよう、日本政府に配慮を求めた形だ。

 ICRPは専門家の立場から、放射線防護に関する勧告を行う組織。声明は、21日付で発表された。

 2007年に出した勧告では、一般の人が年間浴びてもいい放射線量を三つの範囲で設定。緊急時には20~100ミリシーベルト、緊急事故後の復旧時には1~20ミリシーベルト、平常時には1ミリシーベルト以下とした。

 今回の声明はこの勧告を紹介したもので、原発事故の影響を受けた地域に住民が住み続ける場合は、1~20ミリシーベルトの範囲内で検討するという考え方を紹介した。この地域も、長期的には1ミリシーベルト以下にすることが目標だとした。

 ICRPは通常、各国の個別事例については言及しない。しかし今回は、「日本で起きた悲劇的な出来事に、深くお悔やみ申し上げます」と述べる異例の内容となった。

 福島県南相馬市の25~26日にかけての1日の放射線量は計0.028ミリシーベルト。1ミリシーベルトを基準とすると、約1カ月で超えてしまう。現在の線量が続くと仮定すると、年間総量は約10ミリシーベルトのため、20ミリまで引き上げた場合は、移住の必要はなくなる。一般的に放射線の被曝量が100ミリシーベルト以下なら、健康への影響は心配ないとされている。

 日本アイソトープ協会の佐々木康人常務理事は「ICRPの基準はもともと、余裕を持って設定している。日本の基準はさらに、厳しめの数値を取っている。1~20ミリシーベルトという数字なら、健康に全く影響はない」と話している。


どうすればいいのか、ということだけでもはっきりと言ってあげないと不安が募り風評被害どころか流言が発生することになりますよ。精神がピンピンに張っている状況では少しのきっかけで雪崩をうってしまうことにもなりかねません。

今の政府のやりかたでは不安を煽るだけのように感じますね。野菜にしても安全だけど出荷はするなとか訳がわかりません。屋内退避だけど物流が滞っているので自主避難しろとかもわかりません。

わからないことだらけです。
 


↓理解不能なんだよな…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 知らんかった、原発の建屋ではその構成物質は放射線物質に変わるのか? | トップページ | 在庫とは思うものの »

東北大地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数字の遊びとは思いませんが、いっそのこと年間10シーベルトくらいにすれば?:

« 知らんかった、原発の建屋ではその構成物質は放射線物質に変わるのか? | トップページ | 在庫とは思うものの »