« 事実とは時に残酷なものですね | トップページ | 性犯罪者へのGPS装着条例⇒外国人差別? »

2011/02/19

パスポートって取り上げられることもあるんですね

まぁ国から与えられているものですからねぇ…
小向容疑者、旅券返納命令で強制退去へ! - 芸能 - SANSPO.COM

小向容疑者、旅券返納命令で強制退去へ! - 芸能 - SANSPO.COM

 2011.2.19 05:04

 覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状が出ているタレントの小向美奈子容疑者(25)について、警察当局は18日、週明けにも外務省に同容疑者の旅券返納命令を要請する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。同命令が出され一定期間が経過すればパスポートは無効になり、滞在先のフィリピンを強制退去となる見通し。

 旅券法では、2年以上の刑に当たる罪を犯した疑いで逮捕状が出ている容疑者らに対し、外務省が旅券の返納を命じることができる。外務省によると、小向容疑者のような所在不明者の場合、返納命令の発出は官報に掲載後、20日間で本人に伝わったとみなされ、さらに「合理的な一定期間」を経て旅券が失効する。

 すると滞在延長や第三国への出国は事実上、不可能となり、警視庁は小向容疑者が現地から強制退去されるのを待って逮捕する方針だ。

 小向容疑者は昨年、都内でイラン国籍の男から覚醒剤を購入した疑いが持たれており、警視庁が1月に逮捕状を取った。同容疑者は同21日にフィリピンへ向け出国。その後、3月21日までの滞在を申請し、許可されていた。


前回逮捕されて執行猶予がついた際の記者会見(というか、道で立ち話?)で、もう二度としませんというようなことをおっしゃっていましたけどねぇ。

クスリってのは癖になるようです。

( ´ー`)y―┛~~

先日、BSで「ラウンドミッドナイト」っていう映画を観ました。主人公のサックス奏者「デイル・ターナー」とフランス人の交流を描き、音楽を追求するがゆえに酒浸りになっている面も描かれていました。

そのなかで、「どうしてああなんだ?」とフランス人がデイルのミュージシャン仲間に問いかけたところ、「どんなにきれいなものでも創造するっていうのは厳しいんだよ」というような応えが返ってきました。

そういう面はすごくわかります。だからミュージシャンには酒、ドラッグに溺れる人もいるんですよね。そうでもしないと、毎回毎回最高のステージを続けるのは余程の精神力か何かがないと難しいのでしょう。

最後、フランス人とNYに戻り、パリに戻ろうという話になって結局フランス人だけが戻り、そのままデイルはNYで亡くなるんですが、そこが少し残念だなぁと感じた映画でした。
 


↓小向の話はどこいった?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 事実とは時に残酷なものですね | トップページ | 性犯罪者へのGPS装着条例⇒外国人差別? »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パスポートって取り上げられることもあるんですね:

« 事実とは時に残酷なものですね | トップページ | 性犯罪者へのGPS装着条例⇒外国人差別? »