« うぃずタワー | トップページ | 輿石某議員は、何を今更法律に則った選挙運動を教職員の皆さんに押し付けているんですか? »

2011/01/08

「遊星からの物体X」が現実的な映画だと?

NASA、大丈夫ですか?怖すぎです… ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
NASAが選んだ “ありえない” SF映画、1位は「2012」/ニュース : 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル

NASAが選んだ “ありえない” SF映画、1位は「2012」/ニュース : 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル

 2011/01/06

 アメリカ航空宇宙局NASAが、科学的見地から“ありえない”映画を選出、見事1位に輝いたのはローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック主演の「2012」(09)だった。

【関連写真】2010年もっとも“違法”に楽しまれた映画は?

 NASA地球近傍小惑星接近計画のトップであるドナルド・ヨーマンス氏は、同映画がいたずらに人々の不安をあおったおかげで、NASAには2012年に地球が滅亡するのではと恐怖に駆られた人々から問い合わせが殺到。それに対応するため、サイトまで立ち上げるはめになったと話す。本気にした人がそんなにいたのか…。

 一方、その反対に“現実的な”SF映画としてアンドリュー・ニコル監督、イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウらが出演した「ガタカ」(98)やロバート・ゼメキス監督、ジョディ・フォスター主演の「コンタクト」(97)を挙げている。そのほかの作品は以下の通り。

■“ありえない映画”ワースト7作品
1.「2012」(09)
2.「ザ・コア」(03)
3.「アルマゲドン」(98)
4.「ボルケーノ」(97)
5.「チェーン・リアクション」(96)
6.「シックス・デイ」(00)
7.「What the #$*! Do We (K)now!?(原題)」(未)

■“現実的な映画”ベスト7作品
1.「ガタカ」(98)
2.「コンタクト」(97)
3.「メトロポリス」(29)
4.「地球の静止する日」(52)
5.「Woman in the Moon(原題)」(未)
6.「遊星よりの物体X」(52)
7.「ジュラシック・パーク」(93)

■関連リンク
年末年始に見たい! お正月映画レビュー特集


ガタカっていう映画は知りませんけど、遊星からの…は怖すぎる…。あ、今気がついたけど「からの」じゃなくて「よりの」なんですね。そっちは観たことがありません。

LD版なんてのもありましたが、再生できる人いるんでしょうか?

地球の静止する日も観ましたけど、52年じゃなかったのでリメイク版ですね。あれはしょーもない映画でした。がっかりでした。

で、ありえない方の作品では、アルマゲドンやボルケーノを観たことがありますけど、正直面白かったですがね。2012は観ていませんが面白そうですよね?

所詮SF=フィクションですからね、現実性を求めてもしようがないんじゃ?
 


↓「カプリコン1」はどこいった?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« うぃずタワー | トップページ | 輿石某議員は、何を今更法律に則った選挙運動を教職員の皆さんに押し付けているんですか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「遊星からの物体X」が現実的な映画だと?:

« うぃずタワー | トップページ | 輿石某議員は、何を今更法律に則った選挙運動を教職員の皆さんに押し付けているんですか? »