« 反省だけなら猿でもできる | トップページ | やっぱ世界一がいいよね♪ »

2010/11/17

たしかにクルボックルはネ申ががっていました

だからといって先発っていうのは、なんだかデジャブーです
久保が先発復帰!巨人、秋の改革第4弾 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

久保が先発復帰!巨人、秋の改革第4弾 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

 2010.11.17 05:05

 チーム改革第4弾は先発増員-。巨人の宮崎秋季キャンプは16日、第3クールがスタート。原辰徳監督(52)が今季、中継ぎでチーム最多の79試合に登板した久保裕也投手(30)の先発転向の可能性を示唆した。今後の補強などで状況は変わってくるが、原巨人の鉄腕が来季、激しい先発争いに加わるかもしれない。

 先発が踏ん張れない試合が目立った今季、毎試合のようにピンチでマウンドに上がったのが久保だった。フル回転した右腕を、東海大の先輩でもある原監督は高く評価している。

 「ことしは非常に責任を担うような、いいシーズンだった。長年、安定したものを出せていなかったので、来年は大事」

 1軍登板は2007年が13試合、08年が6試合、09年が7試合と戦力になれない時期が続いたが、今季は球団記録の79試合に登板。チームに欠かせない存在になった。

 そして今秋、仰天プランが浮上した。原監督は「彼は(先発、中継ぎ)両方をできる強みがある。(先発の)可能性はあるでしょう」と説明。久保は通算301試合のうち42試合に先発し、最後は09年9月26日の広島戦で8回無失点(勝敗関係なし)に抑えている。

 一足先に秋季キャンプを切り上げた久保はこの日、川崎市のジャイアンツ球場でランニングなどで汗を流し「いわれたところで頑張るだけです」と話した。亀井の三塁コンバート、野間口のサイドスロー転向、寺内の第3捕手と新たな試みが続くだけに、まだまだサプライズがあるかもしれない。(峯岸弘行)


ぐっさんの例もあるしなぁ…。心配なのは今年投げ過ぎじゃないの?っていうところです。

亀井の三塁コンバート、野間口のサイドスロー転向、寺内の第3捕手と新たな試みが続く

そうですねぇ、ノマノマイェイのサイドスロー転向くらいですかねぇ。コーチも斎藤コーチがいるしね♪
 


↓やり過ぎなのか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 反省だけなら猿でもできる | トップページ | やっぱ世界一がいいよね♪ »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

山口との違いはプロ(NPB)での先発経験があるかどうか。山口は・・・マイナー時代は先発だったようで。

とりあえず先発にしっかりしてもらいたい。そうしないとリリーフに負担が増えるだけ。

投稿: たかはG | 2010/11/17 22:46

こんばんわ^^

>たかはGさん
なるほど、そういう違いもあるんですね。でも。先発のクルボックルはあんまり…。

投稿: ピア | 2010/11/17 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たしかにクルボックルはネ申ががっていました:

« 反省だけなら猿でもできる | トップページ | やっぱ世界一がいいよね♪ »