« 千葉前法相って、社会党出身だったんだ | トップページ | こんな季節になりましたか… »

2010/10/25

下手するとこんなものがごろごろ出てきそうな、奈良京都ですね

それにしても1250年とは…、歴史を感じますし、そもそもそんなものが今の今まで大事に守られていたってことに、歴史を大事にする日本の国柄が見えてきそうで嬉しいですね♪
大仏殿で発見の刀、1250年不明の正倉院宝物 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大仏殿で発見の刀、1250年不明の正倉院宝物 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


大仏殿の須弥壇に埋められていた陽劔(上)と陰劔(25日)
 

 奈良市の東大寺・大仏殿内で明治時代に見つかった国宝・鎮壇具のうち2本の金銀荘大刀(きんぎんそうのたち)(ともに刃長約80センチ)が、約1250年前に正倉院から持ち出された宝物の大刀「陽寶劔(ようのほうけん)」「陰寶劔(いんのほうけん)」だとわかり、同寺と元興寺文化財研究所が25日、発表した。

 鎮壇具は1907~08年、大仏の右ひざ付近の須弥壇(しゅみだん)から出土した。大刀6本や銀製小壺(つぼ)など計19件ある。奈良・同研究所保存科学センターで、金銀荘大刀2本をエックス線で撮影したところ、刀身の根もとに「陽劔(ようのけん)」「陰劔(いんのけん)」と象眼された銘が確認された。刀の長さや把(つか)にサメ皮を使った点なども、正倉院宝物の目録「国家珍宝帳」に記載され、後に持ち出された「除物(じょもつ)」の付せんがある陽寶劔、陰寶劔と一致した。

 正倉院の「献物出用帳」には759年に持ち出された記録が残り、“幻の宝剣”となっていた。

 国家珍宝帳は、聖武天皇(701~756年)の遺愛品を、妻の光明皇后(701~760年)が献納した正倉院宝物の目録。陽寶劔、陰寶劔は大刀100本の筆頭に記され、最重要の刀とされる。陰陽一対で万物の調和を願ったらしい。

 今回の調査で、別の銀荘大刀には北斗七星を象眼した七星文が確認された。

(2010年10月25日17時56分 読売新聞)


最新の文明で古の歴史を知る。
素晴らしいことですね。

陽寶劔、陰寶劔は大刀100本の筆頭に記され、最重要の刀とされる

そんな大事な刀がなぜ?歴史には不思議がつきものですね…。
 


↓残っているこよも不思議だが…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 千葉前法相って、社会党出身だったんだ | トップページ | こんな季節になりましたか… »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/49845043

この記事へのトラックバック一覧です: 下手するとこんなものがごろごろ出てきそうな、奈良京都ですね:

« 千葉前法相って、社会党出身だったんだ | トップページ | こんな季節になりましたか… »