« こういう試合を待っていたといいたいところだが、最後に内海がやってくれました | トップページ | 我慢比べっていうよりも、弱い犬がキャンキャン吠えているだけのように感じるのは私だけでしょうか? »

2010/09/23

シーズンも敗戦となったのか?

しかも横浜に負けて…
Yomiuri Giants Official Web Site: 9月23日 対横 浜21回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 9月23日 対横 浜21回戦・東京ドーム

 セ・リーグ4連覇に向け負けられない巨人は、3連勝をかけ横浜ベイスターズとの一戦に臨む。ゴンザレスが2ランを浴びるも、2点を追う四回にラミレス、阿部、高橋由の3連打で同点とする。しかし2発の本塁打で再びリードを許すと、最後まで横浜投手陣から追加点を奪うことができず、2対5で敗戦。痛い1敗となった。

 巨人の先発はゴンザレス。前回阪神戦から中4日での登板となったが、序盤2イニングを走者を出しながらも無失点に抑える。

 先制したい巨人だったが、横浜先発の大家のコースを丁寧につく投球の前にチャンスを作ることができない。二回には一死から阿部が幸運な内野安打で出塁するも、後続が打ち取られ得点ならず。

 試合が動いたのは三回、一死二塁からゴンザレスはハーパーに一発を浴び2点を失う。

 巨人は四回、二死からラミレスが右翼への二塁打でチャンスを作ると、阿部も右中間を破る二塁打で続き1点を返す。さらに高橋由がバットを折りながらも一、二塁間を破ると、阿部が二塁から一気に生還。二死からの3連打で巨人が同点に追いつく。

 ゴンザレスは四回を三者凡退に、五回には二死一塁から前の打席で本塁打を打たれているハーパーを空振り三振に打ち取る。立ち直ったかに見えたが六回、二死から四球で走者を出すと、続くカスティーヨに痛恨の被弾。再び2点のリードを許す。

 反撃したい巨人であったが、五回以降は相手の好守もあり、走者を出すことができない。逆に八回、イニングをまたいでマウンドに上がった2番手の久保から、村田が本塁打を放ち点差は3点に。

 その裏、巨人は先頭の脇谷が四球で出塁すると、原監督はベテランの大道を代打に送る。相手バッテリーのミスで脇谷が二塁に進むが、大道は凡退。坂本も変化球に手が出ず二死となり、代打の矢野も内野ゴロ。無死二塁のチャンスを生かすことができなかった。

 4番手のMICHEALが三者凡退に抑え迎えた最終回、一死からラミレスが詰まりながらも左翼前に運び、五回以降出ていなかったヒットを執念で放つ。阿部、高橋由の一打に期待がかかったが、連続三振に倒れ試合終了。3連勝を逃すとともに、首位中日の背中が遠のく1敗となった。


これぞ完敗という試合でした。大家のピッチングはほぼ完璧でしたね。どうして東京ドームの時だけ別人になるんでしょう?中の人がダルビッシュとかいうことはないですよね(汗

ゴンちゃんもいいピッチングでしたけど、痛恨の2発被弾で轟沈されてしまいましたね。あれだけ大家がいいピッチングをしていれば、この2発だけで十分、村田の一発でダメ押しという感じです。

( ´ー`)y―┛~~

今日もせっかくドアラが負けているというのに負けてしまいました。首位との差が広がってはいないものの、ゲーム数だけを消化していては逆転は苦しくなるばかり。やってもらうしかありません。
 


↓できるのか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こういう試合を待っていたといいたいところだが、最後に内海がやってくれました | トップページ | 我慢比べっていうよりも、弱い犬がキャンキャン吠えているだけのように感じるのは私だけでしょうか? »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーズンも敗戦となったのか?:

« こういう試合を待っていたといいたいところだが、最後に内海がやってくれました | トップページ | 我慢比べっていうよりも、弱い犬がキャンキャン吠えているだけのように感じるのは私だけでしょうか? »