« え?これで捕まっちゃうの?信じられん… | トップページ | 勝つしか無い状況で勝てる、こういう試合をもっともっと見たかったもんです »

2010/09/27

これではなんのメリットもないのではないか?

後発でこんなことをするくらいなら・・・
シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」発表 -INTERNET Watch

シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」発表 -INTERNET Watch

-- 前略 --

 9月27日には都内で記者向けに発表会が開催され、シャープ 執行役員 情報通信事業統轄の大畠昌巳氏、オンリーワン商品・デザイン本部長の岡田圭子氏、システムソリューション事業推進本部電子出版事業推進センター所長の中村宏之氏、システムソリューション事業推進本部 商品企画担当チーフの松本融氏が登壇し説明を行った。

 今回発表されたのは、シャープが手掛けるクラウドメディア事業で、端末と電子書籍ストアの双方を提供するというもの。端末価格やサービスの詳細については、12月のサービス開始までに改めて発表される。端末価格は「すでに世の中にある端末と同様の価格帯」(大畠氏)としているほか、コンテンツの価格は、新聞や書籍などについては紙媒体での価格と同様になると案内されている。端末ではXMDF、HTML、PDF、ePUBをサポートする予定で、そのほかの標準的なフォーマットもサポートするとしている。

-- 後略 --


値段が紙のものと同等って…
XMDF以外もサポートするのなら、逆にXMDFは必要なのか?という疑問も…
しかも端末価格は多分iPadと同等…

売れるのか?

まぁ、1000台くらいは売れるのかな?自炊したものは読めるようだし。
 


↓結構軽快に動いているようだが…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« え?これで捕まっちゃうの?信じられん… | トップページ | 勝つしか無い状況で勝てる、こういう試合をもっともっと見たかったもんです »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

読みたい本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これではなんのメリットもないのではないか?:

» シャープ電子書籍端末「ガラパゴス」〜ネーミングに痺れた!! [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
 シャープが12月に投入する電子書籍端末「GALAPAGOS」。  携帯電話などが、日本市場の枠内で独自進化し、世界標準から掛け離れてしまっていることを指す≪ガラパゴス化≫という言葉を逆手にとって商品名にしたシャープのセンスに感動さえ覚えます。 【 通勤電車で・・・ 】  電車通勤しながら本を読むとき、吊革につかまりながらではページをめくりにくいんです。(雨の日に傘を持ってたりしたら、ひどく読みにくい)  20年以上前から、難儀していました。  電子書籍だったら、込み合った通(痛)勤電... [続きを読む]

受信: 2010/09/28 16:02

« え?これで捕まっちゃうの?信じられん… | トップページ | 勝つしか無い状況で勝てる、こういう試合をもっともっと見たかったもんです »