« これはゲーム市場&地域経済への一筋の光かも知れません | トップページ | 別に好きな方向に進んで結構なんだけど、その先には何があるんでしょうかね? »

2010/09/03

こういう試合を続けられれば勝機も出てくるというものでしょう

あくまでも前向きに考えたいですが、名古屋で7連敗はいけませんなぁ…
Yomiuri Giants Official Web Site: 9月3日 対中 日22回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 9月3日 対中 日22回戦・ナゴヤドーム

 0.5ゲーム差に迫ってきた3位・中日ドラゴンズとの今季最終カード。巨人は五回、先発の内海が中日打線につかまり、3点を奪われる。六回に坂本のソロ、八回に松本のタイムリーで1点ずつ奪ったが、追い上げ及ばず、2対3で敗れ、3位に後退した。

 巨人の先発は内海。初回、一死から大島にヒット許すと、和田のヒット、ブランコの四球でいきなり二死満塁のピンチを招く。しかし、ここは英智を中堅フライに打ち取り、無失点で切り抜ける。内海は二回以降も毎回走者を背負う苦しい投球が続くも要所を抑え、得点を与えない。

 だが五回、先頭の荒木にヒットを許す。続く大島の送りバントを二塁で封殺するが、走者入れ替わった大島に盗塁を決められ、一死二塁とされる。ここで内海は踏ん張りきれず、森野にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。さらに、和田に通算1500本安打となる2ランを放たれ、この回計3失点。内海はこの回でマウンドを降りる。

 一方、打線は中日先発・吉見に五回まで放ったヒットは2本と打ち崩せない。

 六回、一死から坂本が左翼に28号ソロを叩き込み、反撃ののろしを上げる。続く松本が中堅にヒット、小笠原も右翼にヒットを放ち、一死一、二塁のチャンスを作る。一気に追いつきたいところだったが、ラミレスが遊撃併殺打に倒れ、追加点を奪えず。

 リリーフ陣は、内海の後をMICHEAL、高木、越智がピンチを招くも無失点でつなぎ、味方の反撃を待つ。

 八回、先頭の脇谷が中日3番手・浅尾から左中間への二塁打を放ち、出塁する。続くエドガー、坂本が倒れたものの、松本が初球を中堅前にはじき返し、1点差に。さらに、小笠原が四球を選び、二死一、二塁とする。一打同点の場面だったが、ラミレスが右翼フライを打ち上げ、2者残塁。

 九回、代打の矢野が中堅にヒットを放ち出塁するも、後続が断たれ、ゲームセット。好機にあと1本が出なかった。


吉見なので打てないのはしかたがないとして、内海は粘りましたね。欲を言えば切りがありませんが、先発ならこのくらい、という最低限のところはしてくれたと思います。

しかし、いきなり孤高のネ申がスタメンとは思いませんでしたね。結局無安打ってのは結果論として、いくらなんでも一軍の投手の球をずいぶん打っていないんだから、代打からというのが常道では?
 


↓まぁ、それも結果論…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これはゲーム市場&地域経済への一筋の光かも知れません | トップページ | 別に好きな方向に進んで結構なんだけど、その先には何があるんでしょうかね? »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こういう試合を続けられれば勝機も出てくるというものでしょう:

» 読売、ナゴヤドーム7連敗で3位転落 [地平を駆ける猫を見た on So-net]
神宮-ナゴヤドーム-マツダスタジアムと続いたアウェイでの連敗をようやく8で止めた読売、今日からはナゴヤドームでまたアウェイでの試合です。ナゴヤドームでもここまで6連敗。今日の先発は内海。 再三先頭打者が出塁しながら得点に結びつけることが出来ない読売、0-0のまま迎えた5回裏、森野のタイムリーで先制されると、続く和田一浩に32号2ランを浴びて3点を奪われます。 6回表にはホームランで1点を返しますが、続く1死1,2塁で4番ラミレスが併殺打。8回表にも1点を返して1点差に迫りますが、その後の2死1... [続きを読む]

受信: 2010/09/04 00:12

« これはゲーム市場&地域経済への一筋の光かも知れません | トップページ | 別に好きな方向に進んで結構なんだけど、その先には何があるんでしょうかね? »