« 韓国製のビールがまずいって韓国民も認めているってことでしょうか? | トップページ | 喫煙者には受難の日々ですね… »

2010/09/23

久保は責められないなかで坂本がよく打ってくれましたが、横浜とこのような試合をしているようではねぇ…

勝てたのでいいとはするものの…
Yomiuri Giants Official Web Site: 9月21日 対横 浜19回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 9月21日 対横 浜19回戦・東京ドーム

 本拠地・東京ドームでの横浜ベイスターズとの3連戦。巨人は二回に阿部の42号ソロで先制すると、先発・朝井が七回まで無失点の好投を見せる。しかし3点リードの八回に久保がハーパーに同点3ランを浴び、試合は延長戦へ。しかし延長十二回、坂本が今季3本目のサヨナラ弾となる30号ソロを放ち、勝利を収めた。

 横浜先発は初対戦となる3年目の左腕・田中。打線は二回、先頭の阿部が右翼に42号ソロを放ち、先制。さらに四回、小笠原が右翼に34号ソロを放ち、貴重な中押し点を加えると、阿部、矢野の連打で一死一、二塁のチャンスを作ったが、エドガー、脇谷が凡退し、追加点はならなかった。

 好投を続ける朝井は六回、連打を浴び一死一、二塁のピンチを招いたが、村田、スレッジを打ち取り、得点を許さない。

 追加点が欲しい打線は七回、先頭の脇谷がヒットで出塁すると、すかさず二盗。続く代打・高橋由もヒットで続き、無死一、三塁のチャンスを作ると、続く坂本がきっちり犠牲フライを決め、3点目を挙げる。

 朝井は6安打を浴びるものの7回を無失点に抑え、マウンドを救援陣に託した。

 しかし八回、代わった2番手・久保が横浜打線につかまる。藤田、内川に連打を浴びると、ハーパーに右翼ポール直撃の同点3ランを打たれ、試合は振り出しに。久保は球団新記録のシーズン74試合登板を好投で飾れなかった。

 九回は両チームともに三者凡退に終わり、試合は延長戦へ。

 打線は十回、一死から松本が四球で出塁すると、その後ラミレスが敬遠で歩かされ、二死一、二塁で阿部を迎える。しかし阿部は鋭い打球を放つも右翼ライナーに倒れ、サヨナラにはならなかった。

 直後の十一回、4番手・クルーンが先頭の村田に二塁打を浴び、無死二塁のピンチを招く。しかし坂本の攻守にも助けられ、なんとか無失点に抑えた。

 そして十二回、一死から坂本が左翼スタンドに突き刺さる大台の30号ソロを放ち、サヨナラ勝ち。逆転優勝へ望みをつないだ。

 また2位・阪神が敗れため、阪神とのゲーム差は0になった。


朝井は素晴らしいです。言うこと無しです。で、8回に久保に交代も言うこと無しです。結果が出なかったというだけで万全の采配でしょう。気になるとすれば、久保の疲れだけです。

この試合は坂本がいてくれたので勝てたという試合ではなく、まさに坂本がヒロインで言っているように全員が諦めていないからこその勝利でしょうね。





 


素晴らしいです。欲をいえば、横浜程度は序盤で圧勝するくらいの試合展開をお願いしたいものです。
 


↓勝てばいいんだ、この時期は!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 韓国製のビールがまずいって韓国民も認めているってことでしょうか? | トップページ | 喫煙者には受難の日々ですね… »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久保は責められないなかで坂本がよく打ってくれましたが、横浜とこのような試合をしているようではねぇ…:

« 韓国製のビールがまずいって韓国民も認めているってことでしょうか? | トップページ | 喫煙者には受難の日々ですね… »