« これは高笑いw | トップページ | まぁ普通はそうだけど、そうすると非常識党は議員が激減するのでは?w »

2010/08/25

惜しい試合でしたねぇ、でも見ている人は緊張感があったのでは?

最後はアレでしたが…
Yomiuri Giants Official Web Site: 8月25日 対中 日20回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 8月25日 対中 日20回戦・東京ドーム

 前日の勝利で首位の座に返り咲いた巨人。中日ドラゴンズとの20回戦は初回に2点を先制されるも、長野の17号ソロホームラン、ラミレスの犠牲フライで試合を振り出しに戻す。しかし七回、山口が森野に決勝点となるタイムリー二塁打を浴びると、九回にも追加点を奪われ2対5で敗れた。阪神が勝ち首位の座を譲った。

 先発の東野は立ち上がり制球に苦しむ。初回、藤井にセンター前に運ばれると、森野、ブランコに連続で四球を与えて二死満塁。続く野本に左翼へのタイムリー二塁打を許し2点を先制される。

 打線は前回八回までノーヒットに抑えられた山井に対して初回、二回と3人で切って取られてしまう。しかし三回、長野が高めの変化球を捉え右翼スタンドに運ぶ。1点を返し、さらに脇谷が遊撃失策で出塁。一気に同点としたいところであったが、東野、坂本、谷の後続が絶たれてしまう。

 二回以降立ち直った東野。ランナーを出すものの、後続をしっかり絶つ粘りのピッチングを見せる。三回はアウト全てを三振で奪い味方の反撃を待つ。

 巨人は五回、一死から小笠原が中堅への三塁打でチャンスを迎える。ここでラミレスが右翼に犠牲フライを放ち、ついに試合を振り出しに戻す。

 同点に追いついてもらった東野は七回、一死から藤井にヒットを許すと、和田に四球を与えてしまう。ここで、東野は降板、マウンドを山口に託す。山口は森野にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越される。しかし、ブランコの遊撃ゴロと中日のまずい走塁に助けられ失点を最小限で食い止める。

 その裏、好調の長野がヒットで出塁。山井をマウンドから引きずり下ろすと、内野ゴロが絡み一死二塁のチャンス。だが中日2番手高橋聡の前に高橋、坂本が連続三振を喫し得点ならず。

 2イニング目に入った山口。新井を二塁フライ、谷繁を一塁ゴロ、堂上直を空振り三振とこの試合初めて三者凡退で抑える。

 1点差で九回の攻撃に繋げたい巨人だったが越智が、藤井、和田に連続タイムリー二塁打を浴び2点を献上してしまう。

 最終回、二死から長野が2試合連続猛打賞となる二塁打で追いすがる。脇谷も左翼前ヒットで続き、二死二、三塁。一発が出れば同点の場面で高橋由に打席が回る。しかし、高橋由の打球はセカンド岩崎達に好捕されゲームセット。2対5で中日に敗れた。


試合はまるっきり見ていませんけど、携帯で2-2のところまではチェックしていました。お、今日もいけるでぇと思っていたら…。

トラッキーはばかみたいな攻撃で勝利していますねぇ。広島は投手陣がアレだから、爆勝できるよねぇ。マエケンもいないし。

ま、他人のことを言ってみてもしかたなし。明日は勝ちましょう。ってか、勝ってくれw
 


↓首位はどうでもいいけど、ここはドアラ撃破だ!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これは高笑いw | トップページ | まぁ普通はそうだけど、そうすると非常識党は議員が激減するのでは?w »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜しい試合でしたねぇ、でも見ている人は緊張感があったのでは?:

» 「エース」東野3連敗で読売首位陥落 [地平を駆ける猫を見た on So-net]
東京ドームの読売vs中日戦。読売の先発はチーム最多勝の東野。一方の中日は、去年と一昨年勝ち星が無かった山井。試合前の予想では読売優位の声が圧倒的でした。 しかしその東野、1回表にいきなり先制点を奪われます。2アウト後連続四球で走者を溜めると野本が2点タイムリーツーベース。1回裏に先頭の坂本が出塁して反撃開始かと思われましたが、続く谷の詰ったハーフライナー性のセカンドフライで坂本が判断を誤って飛び出してしまい戻れずゲッツー。拙い走塁でチャンスを潰してしまいます。 3回裏にはお得意のソロドームラン... [続きを読む]

受信: 2010/08/26 03:15

« これは高笑いw | トップページ | まぁ普通はそうだけど、そうすると非常識党は議員が激減するのでは?w »